読売新聞オンライン

メニュー

デジタル花火 二条城彩る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 世界遺産・二条城(中京区)をデジタル映像の花火で彩る「二条城夏まつり2021」が開かれている。9月5日まで。

 プロジェクションマッピングで大輪や万華鏡柄の花火を次々と唐門や石垣に投影=写真=。入り口で配られる 提灯ちょうちん を所定の台に置くと花火が打ち上がる仕掛けもあり、家族連れらが楽しんでいる。

 浴衣姿で訪れた市立樫原小5年の石畠初夏さん(11)は「『ドンドン』と花火が上がる音が本物みたい。浴衣も久しぶり」と喜んでいた。

 午後7~9時(8月12日以降は午後10時まで)。中学生以上1600円(前売り、金土日祝日)など。問い合わせは事務局(050・1743・3167)。

無断転載・複製を禁じます
2227728 0 ニュース 2021/07/23 05:00:00 2021/07/23 05:00:00 2021/07/23 05:00:00 石垣や外壁に映し出されたデジタル花火を楽しむ入城者(中京区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYTNI50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)