読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

<祇園祭2021>山鉾巡行 来年こそ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

山鉾巡行に代わる練り歩きの出発時。長刀(なぎなた)鉾では見送りの囃子が演奏され、見物客が歩道に詰めかけた(7月17日、下京区で)
山鉾巡行に代わる練り歩きの出発時。長刀(なぎなた)鉾では見送りの囃子が演奏され、見物客が歩道に詰めかけた(7月17日、下京区で)
神輿洗式の後、神輿を担いで八坂神社の舞殿に運ぶ氏子たち。昨年の式では神輿庫に入ったままだった(7月10日、東山区で)
神輿洗式の後、神輿を担いで八坂神社の舞殿に運ぶ氏子たち。昨年の式では神輿庫に入ったままだった(7月10日、東山区で)

 昨年に続き、コロナ禍で 山鉾やまほこ 巡行や 神輿渡御みこしとぎょ が中止になった今年の祇園祭が終わった。山鉾建ては技術継承を目的に、2年ぶりに実施。ただ、感染収束は依然見通せず、関係者は対策を模索しながら、来年の主要行事再開を目指す。(布施勇如)

 山鉾建ては34基中17基で行われた。例年は 前祭さきまつり が7月14~16日、 後祭あとまつり では同21~23日の宵山期間中、見物客で混み合うため、祇園祭山鉾連合会は観覧を控えるよう呼びかけ、屋外での 囃子はやし の演奏や駒形 提灯ちょうちん の点灯を午後7時までとした。

 府警の発表によると、2019年の前祭で山鉾巡行前夜だった7月16日の人出は、推計で15万人(午後9時)。今年の前祭では23基中11基が建ち、警備員らが「撮影が終わったら速やかに移動を」と協力を要請した。歩行者天国も露店もなく、7月16日午後7時の人出は約1万人だった。

 「京都の人間は、生の囃子を聞くと血が騒ぐ。今日は仕事を早く切り上げた」。東山区の男性(66)は同日夜、四条通で立ち止まる人たちから少し離れ、「コンチキチン」の調べに聞き入っていた。

 前祭の山鉾巡行に代わり、各保存会代表らが四条通を練り歩いた翌17日朝。出発点の四条烏丸交差点近くでは、歩道に多くの見物客が詰めかけた。宵山期間中も囃子が披露された駐車場に人だかりができた。

 山鉾連合会の木村幾次郎理事長は「おおむね感染防止対策を理解して守ってもらえた」としながらも、「『やっぱり山鉾を見たい』という人を排除する方法はない」と対応の難しさを語る。その上で「来年は何らかの形で山鉾巡行をし、みなさんに見ていただけるお祭りにしたい」と、感染防止との両立に意欲を示した。

持続的な運営へ 保存会知恵絞る

 1150年以上の歴史を持つ祇園祭では、国の重要有形民俗文化財に指定されている山鉾の修理費や巡行の経費は、国、府、京都市から一定の補助がある。しかし、山鉾巡行が2年続けて取りやめとなり、人出が激減したことは、各保存会の財政にも影響を及ぼしている。厄よけちまきの授与による収入が減り、建てた山鉾に見物客を有料で搭乗させる「拝観」も密集防止のため原則禁止になったためだ。

 ただ、来年の再開を目指すに当たって配慮も欠かせず、連合会は感染対策の徹底を条件に山鉾の拝観を認め、ちまきの授与も午後8時まで可能とした。

 保存会によって財政状況は異なり、それぞれ持続的な運営に向けて知恵を絞っている。ちまきの申し込みをインターネットで受け付ける保存会が増加。南観音山は、クラウドファンディング(CF)サイトでの寄付額に応じ、山建ての作業を体験できるようにした。

 連合会も近年、CFサイトで「サポーター」に寄付を募る取り組みを実施。今年は目標の5倍を超える1560万円が寄せられ、山口敬一事務局長は「警備の費用や各保存会への分配など、有効に活用させてもらう」と話す。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2251351 0 ニュース 2021/08/01 05:00:00 2021/08/01 05:00:00 2021/08/01 05:00:00 山鉾巡行に代わる練り歩きの出発時。長刀鉾では見送りの囃子が演奏され、多くの見物客が歩道に詰めかけた(17日、下京区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210731-OYTNI50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)