「日本一」左腕 地元亀岡に夢…ヤクルト・高橋投手 小中生450人に講演

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

中学生とのキャッチボールを実演する高橋選手(亀岡市で)
中学生とのキャッチボールを実演する高橋選手(亀岡市で)

 プロ野球で日本一に輝いたヤクルトの左腕投手で、亀岡市出身の高橋奎二選手(24)が7日、同市立南桑中を訪れ、地元小中学生約450人に「『夢』を持つことの大切さ」と題して講演した。

 高橋選手は龍谷大平安高を経て、ドラフト3位でヤクルトに入団。6年目の今季は、11月の日本シリーズ第2戦で完封勝利を挙げるなど日本一に貢献した。

 この日は、「高校時代からプロを目指し死に物狂いで練習した」「自分の良いところをいかに伸ばせるかを考えている」と熱弁。「部活で周りと比較して焦ってしまう」という生徒には「いつか抜いてやるという強い気持ちが今につながっている」と助言した。

 南桑中3年の谷口海人君(15)は「高い目標を持って進んでいきたい」と話していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2578814 0 ニュース 2021/12/08 05:00:00 2021/12/08 05:00:00 2021/12/08 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211207-OYTNI50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)