<京都の遊び方1 サイクリング>桂川の風 頬に心地よく

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

嵐山にある「桂川サイクリングロード」のスタート地点(西京区で)
嵐山にある「桂川サイクリングロード」のスタート地点(西京区で)
桂川沿いに延びる自転車道。自転車がさっそうと行き交う(西京区で)
桂川沿いに延びる自転車道。自転車がさっそうと行き交う(西京区で)

 嵐山から八幡市まで桂川沿いに約20キロ続く通称「桂川サイクリングロード」。勾配はほとんどなく、見晴らしも非常に良い。初心者でも安心してサイクリングを楽しめる人気のコースを走ってみた。(三味寛弥)

京都・祇園祭 今年の「山一番」は孟宗山と浄妙山…提灯作りもピーク

 嵐山を散策する観光客らを横目に、スタート地点を目指して自転車を走らせると、嵐山公園内の中ノ島橋付近で目印となる看板を見つけた。いったん息を整え、ペダルを踏み込んだ。

 先は長いので、ペースを抑えながら桂川右岸をのんびりと進む。暖かい風が頬をなで、のどかな景色が通り過ぎていく。野球やテニスを楽しむ老若男女、シートを広げて弁当を食べる家族連れ――。街中の人が集まる観光地とは違い、河原は時間がゆっくり流れているように感じる。

 約1・5キロ進んだあたりでコースを離れ、松尾大社に立ち寄ることにした。期待した通り、境内では見頃のヤマブキが黄金色の花を咲かせていた。それぞれの体力に合わせてコースの近くにある桂離宮(西京区)や城南宮(伏見区)などに寄り道するのもおすすめだ。

 コースに戻って国道9号の西大橋を渡り、左岸沿いを走る。途中、ロードバイクから降りて休憩中の男性(62)と出会った。2か月に1回は訪れるといい、「車を気にせず気持ちよく走れる。昔は子どもをママチャリの後ろに乗せて走りましたよ」と笑顔を見せた。

 男性と別れてしばらくすると、ほぼ中間地点にあたる久我橋が見えた。ここから約10キロは河川敷に整備された公園などを通過する。出発から2時間弱、桂川が宇治川、木津川と合流する地点にある観光拠点「さくらであい館」(八幡市)に到着してゴールした。

 実は自転車道には続きがある。嵐山から約180キロ先の和歌山港まで「京奈和自転車道」として整備されているのだ。この先は次の機会のお楽しみにするとしよう。心地よい疲労感を感じながら帰路に就いた。

 大型連休が始まった。初夏の京都を手軽に楽しめるスポットやスポーツを紹介します。

達人のアドバイス…空気圧や車体 出発前確認を

 サイクリング歴50年の京都サイクリング協会理事長井原秀隆さん(74)に自転車で出かける際に注意するポイントを聞いた。

 自転車は道路交通法で「軽車両」に位置づけられ、基本的に車道を走る。このため、事故のリスクは避けられず、「出発前にタイヤの空気圧や車体に異常がないか確認し、ヘルメットや前後のライトを備え、安全を確保することが重要だ」と指摘する。

 さらに自転車道については、スポーツ自転車のほか、ママチャリやランニングの人たちも行き交うため、「速度の出し過ぎには注意し、接触しないよう気をつけて楽しんでほしい」と呼びかける。

 自転車道としては未整備だが、京都市内を流れる鴨川沿いはサイクリングに適したスポットだ。街中の自転車店でレンタサイクルを借りる手もある。自転車専用ではないので、歩行者に注意しながら楽しんでほしい。

 自転車に乗り慣れた人であれば、少し足を延ばして琵琶湖を一周する「ビワイチ」(約200キロ)に挑戦してみてはどうだろう。日本を代表する自転車観光ルートとして国が指定しており、走りごたえがある。

全国の旅行・観光関連記事はこちらから
スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2962998 0 ニュース 2022/04/30 05:00:00 2022/04/30 08:08:15 2022/04/30 08:08:15 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220429-OYTNI50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)