<京都の遊び方3 トレッキング>大文字山で見渡す絶景

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

たどり着いた大文字山の火床。京都の市街地を一望できる絶景ポイントだ(左京区で)
たどり着いた大文字山の火床。京都の市街地を一望できる絶景ポイントだ(左京区で)
登山道は森に抱かれている気分に浸れる(左京区で)
登山道は森に抱かれている気分に浸れる(左京区で)
延々と続く階段。大文字山の火床へ、あと少し
延々と続く階段。大文字山の火床へ、あと少し

 「京都五山送り火」で知られる左京区の大文字山(465メートル)。夏の夜、真っ赤な「大」が浮かび上がる山腹に目を凝らした人も多いのではないだろうか。「大」の字をつくりだす場所は「火床」と呼ばれ、絶景ポイントでもあるという。京都の人にとって身近であり、厳かな存在でもある火床を目指して登ってみることにした。(川本修司)

秀吉の「天下統一の出発点」…天下分け目の御城印

 歩き始めは麓の銀閣寺参道。突き当たりの総門前を左に折れ、道なりに歩いていくとアスファルト道はいつの間にか砂利道になっていた。渓流の音と鳥のさえずりが耳に心地よく、木立の匂いが濃い。山の懐に入り込んだ、という感覚に心が弾む。

 沢に架かる小さな橋で、火床から下りてきた左京区の女性(91)とすれ違った。50年間、雨天の日以外は毎日登っているといい、「転んでけがをしたこともあったけど、治るとまた登りたくなる。手頃な運動量が魅力」と笑う。

 橋を過ぎると傾斜は急になる。日頃の運動不足で途端に息が上がる。ジグザグ道を経て約150段の石階段を抜けるとようやく火床に到着。京都の街並みが眼下に広がり、ため息が漏れる。整然と並ぶ建物群の中に下鴨神社や吉田山、京都御苑、二条城などが“緑の島”のように点在。さらに西側の山の斜面には左大文字も望める。

 休憩していた宇治田原町の男性(70)はこの日初挑戦。「高く登った感じもないが、ここまで広く見渡せるなんて。木々が芽吹く中、気持ちよかった」と充実感に浸っていた。

 下りは往路を引き返す。ゴール手前では、同じ頃に出発し、とっくに下山したはずの伏見区の男性会社員(20)と再会した。トレーニング目的で、私が1往復する間に2往復こなしたという。「登る度に違う発見がありますよ」。痛み始めた膝をさすり、まねはできないが、気持ちだけは共感した。

達人のアドバイス・・・必需品 チョコやスマホ

 初心者の山歩きの「必需品」は何か。「京都一周トレイルマップ&ガイド」の著者の一人で、山岳ガイドの竹内康之さん(70)は「着脱しやすい服装を心がけ、カロリーの高いチョコレートやナッツなどの食べ物と、GPS機能を備えたスマートフォンを携行してください」と話す。

 新型コロナウイルス対策としては、登山道でのあいさつは離れた状況で行い、「すれ違う際は控える」ことを勧める。一方、マスク着用は「集まって歩くなど密でなければ必要ない。マスクを外し、山の空気を楽しんで」と話している。

 おすすめの入門コースとして、大文字山の南側、清水山(242メートル)が挙げられる。京都市街地近くにありながら、登山できると知る人は比較的少なく、静かな山歩きが楽しめる。

 観光客でにぎわう清水寺の境内を南に抜け、尾根道を北上する。東山山頂公園近くの展望台からは、市街地南側が一望できる。天気が良ければ、大阪の高層ビルも見えるという。ゴールの岡崎周辺まで約5キロ。帰路は市営地下鉄東西線の蹴上駅か東山駅が近い。時間をかけてゆっくりと歩きたいルートだ。

全国の旅行・観光関連記事はこちらから
スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2971365 0 ニュース 2022/05/04 05:00:00 2022/05/04 08:52:24 2022/05/04 08:52:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220503-OYTNI50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)