<今村翔吾のまつり旅>「なつかしい場所」サイン会

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

著書にサインをする今村さん(右)(北区で)
著書にサインをする今村さん(右)(北区で)

ファンと会話 交流

 全国の学校や書店などをワゴン車で巡る企画「まつり旅」を続けている直木賞作家の今村翔吾さん(38)が5日、北区の大垣書店イオンモール北大路店を訪れ、サイン会を開いた。

 今村さんは京都府生まれ。今年1月、戦国時代を舞台に、城の石垣を組む石工集団の若者を描いた歴史小説「 塞王さいおうたて 」で第166回直木賞を受賞。出版業界を盛り上げようと5月末から旅を始め、47都道府県を回っている。

 店では全国から集まったファンら約30人と会話を交わして交流。著書にサインをしたり、記念写真を撮ったりしながら、ファンの質問に笑顔で答えていた。

 千葉市から訪れた女性は「ずっとファンだったので会えてうれしい」と喜び、今村さんは「京都生まれなので、なつかしい場所に帰ってきた。これからも諦めず執筆を続けたい」と話していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3143477 0 ニュース 2022/07/06 05:00:00 2022/07/06 05:00:00 2022/07/06 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220705-OYTNI50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)