読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新卒採用計画、新型コロナで二極化鮮明…九州・山口・沖縄50社

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

内定辞退者が増加

リクルート就職みらい研究所・増本全所長

 新型コロナウイルスの影響で業績回復が遅れている企業の採用意欲は落ち込んでいる。特に九州などの地方では、観光で潤っていた業種や地域で減少が目立つ。一方でコロナ収束を見据え、2~3年後の戦力を考えて採用意欲がある企業が多いのも特徴だ。

 リクルートの調査では、大学卒の就職内定率は、全国で74.1%(6月12日時点)と昨年より10ポイント近く高い。新型コロナの影響で採用活動が一時ストップした昨年より順調に伸びている。

 ただ、オンライン面接の定着で学生は多くの企業と接することができ、内定辞退者も増えている。安定した大企業志向も強い。人材を確保するため、22年春の採用活動を継続する企業は多いだろう。

1

2

3

4

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2173595 0 ウィークリーけいざい 2021/07/02 13:46:00 2021/08/04 15:26:14 九州大学が開いたオンライン合同就職説明会。画面内では、ナフコの採用担当者が学生にPRをしていた。(6月23日、福岡市西区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210701-OYTAI50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)