読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「DX」導入支援に商機 デジタル化コロナで加速

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

通信大手など 体験施設や開発拠点整備

 デジタル技術を活用して業務の効率化などにつなげる「デジタルトランスフォーメーション」(DX)を巡るビジネスが、活発になっている。新型コロナウイルスの感染拡大による経営環境の変化でDXに関する企業の需要は強まっており、通信大手やコンサルティング会社、地方銀行などが相次いでサービスを展開している。(松田晋吾)

AIが解析

企業のDXにつながる技術を紹介している「リンクスパーク フクオカ」(福岡市博多区で)=田中勝美撮影
企業のDXにつながる技術を紹介している「リンクスパーク フクオカ」(福岡市博多区で)=田中勝美撮影

 福岡市博多区のビルに入っているDXの体験施設「リンクスパーク フクオカ」で6月中旬、スマートフォンに見立てた大型モニターに、JR博多駅の近くにある複数のカフェが写真付きで表示された。

 出張で福岡空港に降り立ったビジネスマンが博多駅周辺で仕事のできる場所を探すという設定に対し、電源が使えるカフェを人工知能(AI)が瞬時に検索した結果だ。空港から駅までの最適な移動手段では、AIは天気や交通渋滞などの情報を解析し、「雨」などを理由にタクシーを推奨した。

 デジタル技術と膨大なデータを駆使するDXで実現できることを分かりやすく解説するため、NTT西日本(大阪市)が3月、大阪、名古屋に次ぐ3か所目の企業向け施設としてオープンした。製造業や農業、小売業など多様な業種の経営者らが訪れ、3か所で計230件以上の相談が寄せられているという。

 同社の大嵩豪朗・デジタルデータビジネス推進担当課長は「企業のDXの進め方が決まれば、我々との連携につながる」と商機をうかがっており、すでにタクシー大手の第一交通産業(北九州市)と、運転手の走行データから異常を検知するシステムを開発中という。

1

2

3

4

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2229168 0 ウィークリーけいざい 2021/07/23 05:00:00 2021/08/04 15:53:56 GPSの位置情報や個人のニーズに合わせた情報提供を紹介するブース(6月17日、福岡市博多区のLINKSPARK福岡で)=田中勝美撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210723-OYTAI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)