読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[興論]九州経済連合会 倉富純男会長

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 九州最大の経済団体・ 九州経済連合会 (九経連)の第9代会長として、西日本鉄道(福岡市)の倉富純男会長(68)が6月に就任した。新型コロナウイルスの感染拡大で停滞する九州経済の立て直しをどうリードするのか。方策を聞いた。(聞き手 経済部長・川浪康裕)

販路拡大 アジアに重点

 九州経済の柱の一つである第1次産業や観光産業は、コロナ禍でかなりの痛手を受けています。飲食業が大変厳しい状況ですが、食材を提供する第1次産業にも大きな影響が出ています。九州は第1次産業のウェートが高いだけに、九州経済は一番苦しい時と思います。

 1次産品については、高付加価値なものを作り、アジア、ASEAN(東南アジア諸国連合)地域に販路を広げるという路線をしっかり引き継ぎます。九経連主導で2015年に設立した商社「九州農水産物直販」(福岡市)などを活用してもらえるようにしていきます。

 西鉄で培った物流事業のノウハウ、スキルといった生かせるものもあると思います。アジア、ASEAN地域には我が社の駐在員が100人近くいるので、その知恵も借りたい。西鉄に限らず、物流事業者のネットワーク強化を考えていきます。

九州経済連合会  1961年に発足し、会員数は7月末現在、九州・山口・沖縄の企業、団体など計1023法人。創立60周年を機にまとめた行動計画「九州将来ビジョン2030」では、農林水産物・食品の輸出拡大のほか、AIやビッグデータを活用・共有する共同事業体の創設などをうたっている。

1

2

3

4

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2355549 0 ウィークリーけいざい 2021/09/10 05:00:00 2021/09/10 10:10:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210910-OYTAI50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)