[ナンバー1・オンリー1]ゲームに暗号資産技術 グッドラックスリー

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ピンクや黒、縦じまなど様々な3D(3次元)の豚が画面上でレースを繰り広げる。所有する豚を「売買」することもできる。スマートフォン向けゲーム「くりぷ トン 」を開発したグッドラックスリー(福岡市)は、デジタルデータを管理する先端技術「ブロックチェーン」をゲームに活用した先駆的な企業だ。

ブロックチェーンを使ったゲーム開発などを手がけるグッドラックスリーの井上社長(福岡市で)
ブロックチェーンを使ったゲーム開発などを手がけるグッドラックスリーの井上社長(福岡市で)

 東京の経営コンサルティング会社に勤めていた井上和久社長(41)が2013年、「人の心を動かすエンターテインメントを作りたい」と地元・福岡で起業した。注目したのが、暗号資産(仮想通貨)などで用いられるブロックチェーンだった。

 データの改ざんが難しいなどの特徴を持つブロックチェーンの応用は海外で先行しており、「国内でも広がる可能性がある」(井上社長)と判断。ブロックチェーンの存在を親しみながら知ってもらおうと、18年に「くりぷ豚」を開発した。豚のデータの偽造を防げるなどの技術的な利点があり、これまでに9万匹近くの豚が生まれたという。

 現在、約15人の従業員とともに、海外向けゲームの開発などを進めている。井上社長は「ブロックチェーンとエンタメの融合にはまだ多くの可能性がある。福岡から世界に飛び出していきたい」と意気込んでいる。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2710393 0 ウィークリーけいざい 2022/01/28 08:41:00 2022/01/28 08:41:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220128-OYTAI50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)