読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[道あり]前北九州市長 末吉興一さん<1>街の再生挑んだ20年

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「母には『人から後ろ指をさされることのないように』と育てられた。守れたと思う」。そう振り返る末吉さん(2日、北九州市で)=大野博昭撮影
「母には『人から後ろ指をさされることのないように』と育てられた。守れたと思う」。そう振り返る末吉さん(2日、北九州市で)=大野博昭撮影

 製鉄業で栄え、1963年の5市合併によって九州で初めての政令市となった北九州市。80年代、末吉興一さん(86)がかじを取り始めた頃の市の経済は、大きく落ち込んでいた。鉄冷えの街の再生に挑んだ5期20年は、「ふるさとをよくしたい、元気にしたい」との一心で歩んだ月日でもある。

 市長の在任中、最も厳しい判断を迫られたのは2000年、有害化学物質のポリ塩化ビフェニール(PCB)の処理施設建設を国から打診された時だ。1960年代に「公害の街」と呼ばれた鉄都はこの時、「環境ビジネスの街」に生まれ変わろうとしていた。国からの提案は、まさに飛躍の好機だった。

 だが、簡単には受け入れられなかった。PCBはかつて大規模な食中毒被害「カネミ油症」を引き起こし、同市にはその原因企業もあった。住民向けの説明会は150回以上。「事故が起きたらどうするんだ」。市民の強い反対を肌で感じた。

 それでも「北九州の技術力で世界の環境問題に貢献したい」との思いを貫いた。PCBの処理技術の安全性に関する情報だけでなく、市民の反対意見も公開。施設の必要性や北九州で実施することの意義を地道に説いた。2001年、市議会の同意を経て、受け入れが決まった。

 多大な犠牲者を出した「室戸台風」が関西地方を襲った1934年、兵庫県で生まれた。「興一」という名前は、災害からの復興を願って付けられたと聞いた。旧・建設省に入り、52歳で両親の出身地の市長に転身した。

北九州市で開かれたアジア・太平洋環境大臣会議に市長として参加した末吉さん(右端)。左端は会議の成果を発表する川口順子・環境庁長官(2000年9月)
北九州市で開かれたアジア・太平洋環境大臣会議に市長として参加した末吉さん(右端)。左端は会議の成果を発表する川口順子・環境庁長官(2000年9月)

 計画が進んでいた北九州空港の着工、門司港レトロ地区の整備――。大型プロジェクトを街の活気につなげた。一方で、JR小倉駅そばの国際物流施設建設やJR黒崎駅周辺の再開発など、批判を浴びた事業もある。折れずに市政に取り組めたのは、「決めたことは必ずやり遂げたいという信念があった」からだ。

 「戦時教育を受けた世代なので、『公』への使命感は強かったのだと思う。自分に任された仕事を精いっぱいやりたかった」

 昨年、ほとんどの公職を退いた。最近は天気がよい日に自宅周辺を散歩するのが好きだという。

 「北九州市は土地があって、水があって、元気な人がいて、交通の基盤も整っている。まだまだ、潜在能力がありますよ」

〈プロフィル〉1934年、兵庫県西宮市生まれ。東京大法学部卒。旧・建設省では河川局次長、国土庁土地局長などを歴任した。87年2月に北九州市長に初当選し、2007年2月まで務めた。家族は妻と娘2人、息子1人。少年時代から大の巨人ファン。卵が好物。

あわせて読みたい
[道あり]前北九州市長 末吉興一さん<2>貧しい家庭 自立心育つ
[道あり]前北九州市長 末吉興一さん<3>ダム建設 交渉役担う
[道あり]前北九州市長 末吉興一さん<4>周囲に推され市長選出馬
[道あり]前北九州市長 末吉興一さん<5>常に前進 職員を育成
[道あり]前北九州市長 末吉興一さん<6>国際表彰で環境事業奮起
[道あり]前北九州市長 末吉興一さん<7>母の力強さ 生きる手本
[道あり]前北九州市長 末吉興一さん<8>活動引退 市の繁栄願う

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2166599 0 道あり 2021/06/30 10:45:00 2021/08/23 12:14:45 北九州市への思いを語る末吉興一さん(2日、北九州市八幡東区で)=大野博昭撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210630-OYTAI50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)