読売新聞オンライン

メニュー

[#知りたい]ぐっすり眠ろう<上>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

睡眠 女性は最低7時間必要

 十分な睡眠は元気な毎日に欠かせないが、多忙な現代人はついおろそかにしがちだ。眠ることの大切さと効果的な方法を知っておきたい。

 福岡市の自営業女性(55)は全身の痛みに悩み、昨年8月に受診した同市の「三宅漢方医院」で「線維筋痛症」と診断された。漢方薬を処方されたほか、内科、小児科医の三宅和久院長(59)に指示されたのが、睡眠時間の確保だった。それまでの6時間から9時間は眠るようにすると、約4か月で症状がほぼ治まったという。「眠ることの大切さを身をもって知った」と喜ぶ。

三宅さんの漫画本「睡眠と漢方で治す婦人科疾患」より
三宅さんの漫画本「睡眠と漢方で治す婦人科疾患」より

 日本東洋医学会員でもある三宅さんによると、漢方では、体を動かすエネルギーや体の潤いは、夜眠っている間に生産されるとする。眠る時間が十分でないとエネルギーなどが不足し、疲れやすさや免疫力低下、便秘、不安、イライラを招くという。

 そのため三宅さんは、不調を訴える患者に薬を処方したり 鍼灸しんきゅう を施したりする治療に加え、睡眠を少なくとも1時間は増やすよう助言している。「どんな薬や食べ物も、十分な睡眠なしには効果が出ません」と三宅さん。健康な人でも、男性は6時間半から7時間、女性は7時間から7時間半が必要と考えているそうだ。

 特に、生理がある女性は男性より睡眠が必要で、不調のリスクが高いという。そこで三宅さんは、漢方の考え方に基づいて睡眠の意義を訴える漫画本を出版。就寝する直前にはスマートフォンやテレビを見ない、心地よい香りや音楽の力を借りて寝付きをよくする、などの工夫を勧めている。「睡眠は健康維持の基本。眠る時間の確保を優先する生活を」と呼びかける。

寝付きを良くするコツ (三宅さん監修)
・寝床に入る手順を決める(パジャマを着てからトイレに行く、など)
・歯磨きは目がさえるので早めに
・帰宅が遅くなった日は短時間のシャワーで済ませ、翌朝入浴する
・寝る1時間前には照明を暗くし、テレビやパソコン、スマートフォンを見ない
・リラックスできる香りや音楽を利用
・楽しいことをイメージしながら就寝

無断転載・複製を禁じます
2221629 0 ララライフ 2021/07/20 15:55:00 2021/07/20 15:55:00 三宅さんが原作を手掛けた漢方漫画本の一コマ https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYTAI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)