読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中高年の婚活 コロナ禍で熱く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました


 中高年で結婚する人が増え、婚活も盛んになっている。コロナ禍に背中を押され、パートナー探しを始める人もいるようだ。(堀家路代)

一人「寂しくて」

 福岡県の公務員の男性(65)と自営業の女性(62)は、昨年8月に福岡市・天神の結婚相談所ノッツェ.福岡支店でのお見合いで出会い、今年1月に婚姻届を出した。

 女性は42歳で前夫と別れ、「子ども3人との生活を楽しんできた」。だが、子どもたちが巣立って一人暮らしになり、コロナ禍で親しい友人とも会えなくなった。「お盆休みを一人で過ごすのが寂しくて。盆や正月でもコロナでも、一緒にいられる人がほしい」と、昨年7月にノッツェ.に入会した。

 男性も5年前に離婚。夜、仕事から帰っても家に誰もいないのが寂しく、退職後の人生も見据えて婚活を始めた。女性が初めての見合い相手だったが、「5秒で『この人だ』とわかった」。その場で食事に誘い、交際がスタートした。

結婚相談所でのお見合いで出会った60歳代の2人。「毎日が幸せ」と手を重ねた
結婚相談所でのお見合いで出会った60歳代の2人。「毎日が幸せ」と手を重ねた

 どちらも山登りが好きで、ソフトバンク球団会長の王貞治さんのファン。映画「男はつらいよ」シリーズは全作見ていて、「あのシーンいいよね」とわかりあえる。交際1か月で結婚を決め、双方の子どもたちも祝ってくれた。

 いろいろ経験した大人同士だからこそ、互いのこれまでの歩みを尊重しあえる――。2人は口をそろえ、「本気で金婚式を目指します」と手をとりあった。

1

2

3

4

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2238575 0 ララライフ 2021/07/27 15:04:00 2021/08/27 13:23:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210727-OYTAI50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)