読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

プロテイン 健康に美容に…たんぱく質摂取 お手軽

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました


 たんぱく質を手軽に摂取できる「プロテイン」が人気だ。筋肉を鍛えるだけでなく、健康や美容のためにと利用する人が増えている。(堀美緒)

商品を手にプロテインの説明をする森口さん(福岡市の大丸福岡天神店で)=中山浩次撮影
商品を手にプロテインの説明をする森口さん(福岡市の大丸福岡天神店で)=中山浩次撮影

 市場調査会社インテージ(東京)によると、粉末プロテインの2020年の店頭販売額は前年比4割増の約152億円。新型コロナウイルスの影響で運動不足の人が増えたためとみられ、特に女性の増加が目立つという。

 「筋肉、皮膚、髪、骨、内臓――。人間の体は、たんぱく質でできています」

 そう力説するのは、福岡市の会社員、森口ひろ子さん(37)だ。これまでに300種以上の商品を試し、「プロテインひろこ」の名前でSNSなどで活用法を広めている。

 きっかけは、約4年前のダイエットだった。スポーツジムに通ったが「面倒くさがり」で続かず、食事指導のトレーナーに相談。たんぱく質不足を指摘され、「やせやすい体になるには、たんぱく質を取って、筋肉を維持することが大事」と教わった。

 料理も苦手だったので粉末プロテインを利用すると、「3か月ほどで約4キロ減量したうえ、肌がきれいになり、髪にボリュームが出たと感じた」。それから様々な商品を試してSNSで紹介し、摂取法も提案するようになった。甘い粉末なら、ヨーグルトに混ぜたり果物とミキサーにかけたりすると飽きない。味のないタイプはスープやカレーに入れると食べやすいそうだ。

 現在は、IT企業に勤務する傍ら、商品企画にも協力する。昨年は、宮崎県都城市の自然食品会社「 九南サービス 」が販売する粉末プロテイン「タンパクオトメ」の新商品を監修。バナナ味にしてコラーゲンなども配合し、人気商品となっている。

 たんぱく質は体内にためることが難しく、こまめな摂取が望ましいという。「朝食やおやつなどで、上手にプロテインを取り入れてほしい」と呼びかける。

取り過ぎに注意

 たんぱく質は、摂取し過ぎると分解の際に肝臓や腎臓に負担がかかる恐れがある。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」では、1日の推奨量は成人男性が60~65グラム、女性が50グラムで、プロテインの取り過ぎには注意が必要だ。

 大賀薬局(本社・福岡市)では、管理栄養士がプロテイン商品についても助言している。管理栄養士チームの鷹尾有紀さん(39)によると、食事1回でのたんぱく質の摂取量は女性なら17グラム、男性なら20グラム程度が目安。食の細い人や、食事でたんぱく質が不足する時はプロテインの利用がお勧めで、粉末をスプーン1杯で10グラムなど、含有量がわかりやすい点が便利という。

 鷹尾さんは「たんぱく質不足を心配する高齢者からの問い合わせも多い。ただ、肝臓や腎臓に持病がある人は医師に相談してください」と話す。

ユニークな商品色々

 ユニークなプロテイン商品も登場している。

 長崎市の整体サロン「 Flow(フロウ) 」が昨年から販売する食パン「ダンベルパン」=《1》=は、6枚切り1枚で通常の食パンの1・4倍(約10グラム)のたんぱく質がとれる。代表の中島祐樹さん(32)は中高校生時代、自律神経の不調のため体重が40キロに満たなかった経験から、体を鍛えるためにプロテインを利用するようになった。サロンの食事指導でも勧めており、より手軽に摂取してもらおうと食パンを考案。製造は福祉施設に委託した。1斤580円で、メール注文での全国発送にも応じている。

 福岡市の総合調味料メーカー「松原食品」は、今年1月、黒ごま風味の「 マッスルスープ 」(2食分、432円)=《2》=を発売。乳酸菌や食物繊維などを配合した粉末スープで、エネルギーになりやすい「MCTオイル」を混ぜて飲む。

 福岡県粕屋町の業務用液卵メーカー「イフジ産業」は昨年3月、卵白を原料にした粉末「 REVOPRO(レボプロ) 」(1キロ、5500円)=《3》=を発売。乳糖でおなかの調子が悪くなる「乳糖不耐症」の人も摂取しやすいのが特徴だ。

 福岡市中央区に今年1月にオープンした「 Shake shake(シェイク シェイク) 」は、1杯に約20グラムのたんぱく質を含むスムージー=《4》=を販売する。ほうれん草やリンゴ入り(800円)など5種類あり、宅配にも対応している。

朝食が効果的

 たんぱく質の摂取は朝食が効果的とする研究もある。

 長崎大の青山晋也助教(栄養学)らのグループは7月、マウスの実験や高齢女性を対象とした調査結果を発表した。たんぱく質は朝食時に多く摂取するほうが、夕食時で多く取るよりも、筋肉量が大きく握力が強い傾向が見られたという。

 青山助教は「加齢に伴う筋肉量の減少(サルコペニア)の対策にもつながる」と期待する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2258085 0 ララライフ 2021/08/01 05:00:00 2021/08/27 13:21:50 プロテインについて説明する森口ひろ子(14日午前10時30分、福岡市中央区の「タマチャンショップ」で)=中山浩次撮影※名前表記は「森口ひろ子」にしてください。ご本人の希望です https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210803-OYTAI50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)