読売新聞オンライン

メニュー

ズームアップ九州発

  • 九州豪雨 失った暮らし 苦悩の1年

     昨年7月の九州豪雨からまもなく1年。甚大な被害が出た熊本県の球磨川流域では、今もなお深い爪痕が残る。 豪雨で球磨川が氾濫し、全57世帯の集落がのみこまれた人吉市大柿地区。壊れたままの家屋が残り、住民の多くは仮設住宅での…
    記事へ

アクセスランキング

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)