読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[解藩知県]再編の余波<8>山口 幕末の「疎開先」 県都に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山口市の旧市街、そのわきを流れる一の坂川は今年も、国の天然記念物のゲンジボタルの乱舞が見られた。保護活動を続けている大殿ホタルを守る会の岡田勝栄事務局長(76)は、「県庁所在地の真ん中でホタルが飛んでいるなんて珍しいでしょう」と語った。

旧市街を流れる一の坂川で乱舞するホタル(約70秒露光)=山口市で、大野博昭撮影 
旧市街を流れる一の坂川で乱舞するホタル(約70秒露光)=山口市で、大野博昭撮影 

 市の人口は約19万3000人で、全国の県庁所在地で3番目に少ない。平成の大合併までは最下位だった。多くの県が旧城下町に県庁を置いたのと違って、旧長州藩ゆかりの山口県では、幕末の「疎開」に由来するイレギュラーな形となったことが大きい。

残り:1017文字/全文:1390文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2203476 0 解藩知県第2部再編の余波 2021/07/13 19:48:00 2021/08/04 07:50:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210713-OYTAI50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)