読売新聞オンライン

メニュー

「みるく世」私たちがつくる…中学2年上原美春さん、沖縄慰霊の日に平和の詩

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「平和の詩」を朗読する上原美春さん(左)(23日午後、沖縄県糸満市の平和祈念公園で)=清水敏明撮影
「平和の詩」を朗読する上原美春さん(左)(23日午後、沖縄県糸満市の平和祈念公園で)=清水敏明撮影

 沖縄県糸満市 摩文仁まぶに の平和祈念公園で営まれた追悼式では、宮古島市立西辺中2年の上原美春さん(13)が児童・生徒代表による「平和の詩」を朗読した。自作の詩を伸びやかに読み上げ、「戦争の過ちを伝え続け、今を生きるわたしたちが平和な世界を作っていく」という決意を込めた。

 タイトルは「みるく うた 」。「みるく世」は沖縄の言葉で「平和な世の中」を意味する。幼い頃から祖父が 三線さんしん を手に口ずさんだ宮古民謡の歌詞から取り入れ、朗読では澄んだ声で一節を歌った。

 <大きな泣き声をそっと抱き寄せられる今日は、平和だと思う>

 詩作のきっかけは、小学6年のときに生まれた めい の「命の芽吹き」に触れたこと。「泣いているのをあやしたり、思い切り笑えたりする幸せはありがたい。戦時中はそれができなかったんだ」と感じた。

 〈 しかばね を避けて逃げた日が 本当にあったのだ〉

 詩では、学校の平和学習や資料館の見学で学んだ76年前の悲劇を、「本当にあったのだ」と何度も強調。耳をふさぎ、目を背けたくなっても、「まずできることは事実に向き合うことだ」と考えている。

 〈暗黒の過去を溶かすことなく あの過ちに再び身を投じることなく〉

 終盤には、決して惨禍を忘れず、戦争を繰り返さないという強い思いを表現した。

 祖父母は戦後生まれ。身近に戦争体験者がいない若者は増えている。それでも、「体験者が減っていく現実に目を向け、戦争について考え続けることが大切だ」と話し、バトンを受け継ぐ責任感をにじませる。

 <みるく世を創るのはここにいるわたし たち だ>

 詩の最後は、同年代の若者たちへの力強い呼びかけで締めくくった。

無断転載・複製を禁じます
2151647 0 ニュース 2021/06/24 05:00:00 2021/06/24 05:00:00 2021/06/24 05:00:00 「平和の詩」を朗読する上原美春さん(23日午後0時34分、沖縄県糸満市の平和祈念公園で)=清水敏明撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210624-OYTNI50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)