読売新聞オンライン

メニュー

西鉄ホテル30泊19万円 「ソラリア」定額プラン導入

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 西日本鉄道グループの西鉄ホテルズ(福岡市)は、全国5か所の「ソラリア西鉄ホテル」に最大で30連泊できる定額プランを発売した。新型コロナウイルスのワクチン接種が進む中、今後は観光需要が回復に向かうとみて、宿泊事業のてこ入れを図る。

 対象は、福岡市、鹿児島市、東京・銀座、京都市、札幌市で営業するソラリアホテル。料金は19万8000円(税込み)で、宿泊開始日から30日間、各ホテルの「プレミアムツイン」などに最大2人まで泊まれる。1か所のホテルに30泊することも可能という。

 1泊あたりの宿泊料金は、各ホテルの通常プランと比べて最大85%引きになるといい、西鉄側は、長期滞在やテレワークなどでの利用を想定している。

 西鉄はコロナ禍で業績が悪化しており、グループのホテルも、今年6月の稼働率は2~3割と低迷している。

無断転載・複製を禁じます
2185486 0 ニュース 2021/07/07 05:00:00 2021/07/07 05:00:00 2021/07/07 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)