読売新聞オンライン

メニュー

「家族の介護で学校行けない」 ヤングケアラーの支援進まず…福岡県では把握自治体は4割止まり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 通学や仕事をしながら親やきょうだいを日常的に介護する「 ヤングケアラー 」。日々の生活に追われて周囲に相談できない子どもも多いとみられ、福岡県や熊本県などでも、市民団体や行政が相談窓口の開設や実態把握に動き出している。専門家は、身近な大人が注意を払うことの重要性を指摘している。(谷口京子)

「精神ギリギリ」

相談会でヤングケアラーとしての経験を語る原さん(3日、福岡市博多区で)=谷口京子撮影
相談会でヤングケアラーとしての経験を語る原さん(3日、福岡市博多区で)=谷口京子撮影

 「自分の将来に希望を抱いたことはなかった」

 3日、福岡市博多区の公民館で開かれた「親がこころの病を持つこどもの立場の方の相談会」。ヤングケアラーだった原裕太朗さん(36)は、相談に訪れた女性に対し、自身の高校時代の体験や思いを語った。

 「福岡こどもとパートナーの会」(福岡県春日市)が2017年に始めた。参加者は20~30歳代が多く、悩みを話したり、精神保健福祉士らから助言を受けたりする。高校生や大学生が相談に訪れたこともある。

 同会の原さんは当時、父親と母親の3人暮らし。両親とも精神的に不安定で、母はうつ病とパニック障害を発症した。自宅では家事を一人でこなし、無理に明るく振る舞っていたという。「誰にも相談できず、精神的にギリギリだった」

 現在は心理カウンセラーとして活動し、同会が昨秋始めた月1回の電話相談の相談員も務める。同会は「少しでも若い人の目に留まれば」と、6日にインスタグラムで活動内容を発信。投稿を見たヤングケアラーから「相談したい」と連絡があった。原さんは「自分もそうだったが、毎日が精いっぱいで相談する気力も出ない。子どもたちが話したいと思ったときに受け皿になれれば」と話す。

未就学児も

 ヤングケアラーに対する支援は全国的に遅れている。厚生労働省は昨年12月~今年2月、中2と高2を対象に初の全国調査を実施。約1万3700人が回答し、中2の6%、高2の4%が該当すると発表した。同省は小学生についても年度内に全国調査を行う方針だ。

 福岡県も6月、全60市町村にヤングケアラーの把握人数などを尋ねた初の調査結果を公表。把握していたのは4割の24自治体にとどまり、昨年4月現在で132人。小学生61人、中学生46人、高校生16人、所属なし(15~17歳)6人、未就学児3人だった。

 ケア対象はきょうだいが82・6%と最多で、母、父と続いた。内容は「食事の世話」「トイレや入浴の介助」などで、「学校などにあまり行けていない」という回答も36・4%に上った。

 一方、2割の12自治体が「該当すると思われる子どもはいるが、実態は把握していない」と回答。「該当する子どもがいない」とする回答も4割の24自治体に上った。県の担当者は「家庭内の問題で本人や家族の自覚がない場合も多く、把握が難しい」と話す。

 県は市町村や児童相談所などに対し、把握に取り組むよう要請した。県教委と連携し、教員を対象とする研修会も実施したい考えだ。

早期発見へ動き

 早期発見に向け、積極的に取り組む自治体も出始めた。神戸市は4月、支援の専門部署を設置。6月には専用の相談・支援窓口も開設した。当事者以外の情報提供も募り、住民らからケアラーの可能性がある子どもの情報が9件寄せられ、一部は支援につながった。

 熊本県は今秋にも県内の中高生を対象に実態調査を行う予定。長崎市は、市立小中学校の教職員への調査で小中学生54人が該当する可能性が判明したため、今後、より詳しい実態を調べる児童生徒へのアンケートを検討している。

身近な大人はアンテナを

  大阪歯科大の浜島淑恵教授(社会福祉学)の話 「無関心な社会では、声を上げられない子どもたちが埋もれてしまう。教員や地域の人など身近な大人がアンテナを張ることが大事だ。福祉や医療、教育など各分野の支援が必要で、自治体は専門窓口や部署を設け、子どもに寄り添う『伴走型』の支援体制を構築する必要がある」

ヤングケアラー  法律上の定義はないが、本来大人が担うことが想定される家事や家族の世話などを日常的に行っている18歳未満の子ども。障害や病気のある家族の世話や見守りをしたり、代わりに買い物や洗濯などの家事をしたりするケースを指す。

無断転載・複製を禁じます
2221338 0 ニュース 2021/07/20 15:00:00 2021/07/20 15:00:00 2021/07/20 15:00:00 相談会でヤングケアラーとしての経験を語る原さん(3日午前11時22分、福岡市博多区で)=谷口京子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYTNI50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)