読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

南高愛隣会の元理事長、田島良昭さん死去 累犯障害者の支援に取り組む

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 累犯障害者らへの先駆的な支援に取り組んだ社会福祉法人「南高愛隣会」(長崎県)の元理事長で、最高検参与の田島良昭(たしま・よしあき)さんが2日、骨髄がん腫症のため死去した。76歳だった。告別式は近親者で行う。喪主は長男、光浩さん。

 1977年に同会を設立。2006年には、障害者の再犯防止に向けた厚生労働省の研究班の代表を務め、全国に先駆けて累犯障害者の更生支援に取り組んだ。09年には、同法人に障害者や高齢者と福祉をつなぐ「地域生活定着支援センター」を開設。その後、同センターは全国に広がった。11年には最高検参与に就任。12年には、郵便不正事件で無罪となった村木厚子さん(65)と基金を設立し、累犯障害者らの社会復帰に尽力した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2259987 0 ニュース 2021/08/04 05:00:00 2021/08/04 05:00:00 2021/08/04 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)