読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

熊本県知事「まん延防止」を再要請

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 熊本県の蒲島郁夫知事は4日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請したことを明らかにした。要請は2度目。

 県によると、直近1週間(7月28日~8月3日)の県内の新規感染者数は539人(人口10万人あたり30・8人)で、国の指標で最も深刻な「ステージ4」となった。病床使用率は32・1%(3日現在)で、県は数日中にステージ4(50%以上)に達するとみている。

 蒲島知事は4日午前の定例記者会見で、「(インド由来の変異ウイルス)『デルタ株』の影響もあり、感染のスピードが加速している。お盆の時期を迎えるが、県外への移動自粛などをお願いしたい」と呼びかけた。

 県は7月30日、感染状況が国の指標で「ステージ3」になったとして、独自の「熊本 蔓延まんえん 防止宣言」を発出し、熊本市や八代市を含む22市町の飲食店を対象に、営業時間短縮を要請している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2261130 0 ニュース 2021/08/04 15:00:00 2021/08/05 17:19:50 2021/08/05 17:19:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)