読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

自宅療養ケア難しく、症状把握に課題…沖縄・福岡、新型コロナ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染急増で、沖縄、福岡両県のコロナ病床がかつてないスピードで 逼迫ひっぱく している。沖縄県では本来なら入院となる中等症患者らが自宅療養を余儀なくされ、福岡県でも自宅療養者が5400人を超えた。自宅は医療の目が届きにくく、自治体は症状悪化を見逃さない態勢づくりを急ぐが容易ではない。(今村知寛、手嶋由梨)

中等症患者でも

 「沖縄本島は入院できる病床がほぼなくなってきた」。沖縄県の糸数 とおる 医療技監は訴える。県が確保する約800床のうち、酸素投与が必要な「中等症2」を受け入れる計336床は16日時点で94%が埋まっている。入院先が決まるのを待つ20床の「入院待機ステーション」も連日満床に近い。

 同県の自宅療養者(入院・宿泊療養調整中を含む)は18日時点で4853人。13日には呼吸困難がある中等症患者1人が自宅療養となった。糖尿病を患い、今月上旬に酸素飽和度が中等症並みの95%まで下がった86歳の男性も当初は入院と判断されず、自宅にとどまった。今月上旬には入院調整中だった40歳代の男性が自宅で亡くなっている。

 沖縄県は医療従事者が慢性的に不足し、看護師らが24時間見守る宿泊療養施設が十分ではない。今も確保している7施設のうち1か所は稼働できておらず、自宅療養者の増加を抑える手立てになっていない。

 同県は看護師ら約60人で電話による自宅療養者の健康管理を実施。1人が1日60人以上と連絡を取るため、「業務が日付をまたぐこともある」という。症状の変化が気になる患者については、県看護協会を通じて14の訪問看護事業所に依頼し、さらに丁寧な健康観察を電話や訪問で行ってもらう。ただ、コロナ以外の患者対応もあり、重症化リスクが高い約30人にとどまる。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2296990 0 ニュース 2021/08/19 05:00:00 2021/08/19 11:21:40 2021/08/19 11:21:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)