[工藤会トップ判決]<上>頂上作戦 威信かけ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 豪邸の周囲を機動隊員が取り囲み、約100人の捜査員が門をくぐった。2014年9月11日早朝、北九州市小倉北区。福岡県警は特定危険指定暴力団工藤会(本部・北九州市)トップで総裁の野村悟被告(74)を逮捕し、捜査車両で移送した。「頂上作戦」開始から間もなく7年。 市民襲撃4事件 で殺人罪などに問われた野村被告とナンバー2で会長の田上不美夫被告(65)に24日、福岡地裁で判決が言い渡される。

 頂上作戦で最初の逮捕容疑とされたのは、1998年に発生した元漁協組合長射殺事件だった。2008年に実行犯ら2人の実刑判決が確定しており、工藤会内部では「今さら証拠なんてあるはずがない」「(勾留満期の)20日間で戻って来る」と楽観視する向きがあったという。

 だが、捜査幹部はこう振り返る。「全てを指揮するトップを起訴して社会から引き離さなければ、このテロのような事件の連鎖は終わらない。警察の威信をかけた逮捕だった」

 頂上作戦前、警察は追い詰められていた。北九州市内では11年2月以降、暴力団によるとみられる市民や企業を狙った襲撃事件が約20件相次ぎ、そのほとんどが未解決だった。

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2302556 0 ニュース 2021/08/21 05:00:00 2021/11/09 23:30:02 2021/11/09 23:30:02 野村容疑者の自宅に入る捜査員(11日午前6時44分、北九州市小倉北区で)2014年9月11日撮影 11日西部夕刊1面掲載 1998年2月に北九州市小倉北区で元漁協組合長が射殺された事件で、福岡県警は11日、指定暴力団工藤会(本部・北九州市)トップで総裁の野村悟容疑者(67)を殺人、銃刀法違反容疑で逮捕した。また、ナンバー2で会長の田上(たのうえ)不美夫容疑者(58)についても両容疑で逮捕状を取り、行方を追っている。この事件ではすでに同会系組長(当時)2人の実刑判決が確定しているが、両容疑者が犯行を指示したと判断した。県警は大規模港湾事業の利権を巡るトラブルがあったとみて、全容解明を進める。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210821-OYTNI50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)