野村被告の指揮命令争点 工藤会4事件あす判決

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 四つの市民襲撃事件を指揮命令したとして、殺人罪や組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)などに問われた特定危険指定暴力団工藤会(本部・北九州市)トップで総裁の野村悟(74)、ナンバー2で会長の田上不美夫(65)両被告の判決が24日、福岡地裁で言い渡される。検察側は野村被告に対し、指定暴力団トップとしては異例の死刑を求刑。田上被告には無期懲役と罰金2000万円を求刑している。両被告は全面的に無罪を主張しており、地裁の判断が注目される。

 起訴状では、野村、田上両被告は〈1〉元漁協組合長射殺(1998年)〈2〉福岡県警の元警部銃撃(2012年)〈3〉看護師刺傷(13年)〈4〉歯科医師刺傷(14年)の各事件を組員らに指示して実行させたとしている。両被告の指示を直接裏付ける証拠はなく、野村被告を頂点とする指揮命令が認められるかどうかが、最大の争点となっている。

 検察側は、野村被告を「神」と表現した組幹部など延べ91人の証人尋問を通じ、工藤会は上意下達の厳格な組織だと主張。直接的な証拠がなくても暴力団による組織的な犯行であれば最高幹部の指揮命令があったと推認すべきだと判断した2014年の大阪高裁判決(確定)も引用し、「野村被告らの了承なしに、無断で組員が重大事件を起こすことなど考えられない」とした。亡くなった被害者が1人のケースで死刑を求めるのは異例だ。

 一方、弁護側は「総裁という立場は名誉職で、組織に対する権限はない」と反論。野村被告も最終意見陳述で「一切関与しておらず、私は無罪。裁判所には公正な判断を希望する」と述べた。

 4事件を巡っては、いずれも実行役らの実刑が確定。元漁協組合長射殺事件を除く3事件は、いずれも野村被告を頂点とした指揮命令が認定されている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2306133 0 ニュース 2021/08/23 05:00:00 2021/08/23 05:00:00 2021/08/23 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)