読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】佐世保郵便局クラスター、配達かばん・端末の共用が原因か…消毒指示もルール作らず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長崎県佐世保市の佐世保郵便局で配達員全74人が新型コロナウイルスの感染者か濃厚接触者となり、大規模な配達遅延を起こした問題は、配達員が郵便かばんや携帯端末機などを共同で使用していたのが原因とみられることが、調査を行った同市保健所への取材で分かった。マスク着用や消毒液の配置など基本的な対策はされていたが、共用物への対応までは徹底されていなかった。(林尭志)

飛沫対策はしたが…

 市中心部の約2万8000世帯を管轄する同局で、配達員2人の感染が最初に確認されたのは今月3日だった。その後、陽性報告が相次ぎ、市保健所は局内でのクラスター(感染集団)と認定。感染者は10日までに配達員12人と事務員2人の計14人にまで膨らんだ。

大規模な配達遅延が起きた佐世保郵便局(16日、長崎県佐世保市で)
大規模な配達遅延が起きた佐世保郵便局(16日、長崎県佐世保市で)

 市保健所は6日、医師や保健師らによる立ち入り調査を実施。局員約180人は全員がマスクを着用して業務にあたり、局内には消毒液も複数あった。食事をする際に使う休憩室はパーティションで仕切られ、くしゃみなどを介した「 飛沫ひまつ 感染」の対策が取られていた。

 市保健所は感染者の中に、勤務日が重ならない人がいる点に着目。ローテーション職場で、同じ物に触れることで起きる「接触感染」が感染拡大につながったとの見方を強めた。

 配達員たちに個別の机はなく、郵便物の仕分け作業を行う際は交代で使用。郵便物を入れるかばんや配達の状況を記録する携帯端末機など、配達の際に持ち出す道具を共用していたことが分かった。同局では共用物を使用する際、消毒などの徹底は指示していたが、手順などルールまではつくっていなかった。

 米国立衛生研究所(NIH)などの研究では、コロナウイルスの残存時間は布の表面で48時間、プラスチックで72時間とされる。市保健所は「全配達員がウイルスに直接触れた可能性を否定できない」とし、PCR検査で陰性だった配達員も濃厚接触者と特定し、自宅待機を要請した。

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2386932 0 ニュース 2021/09/22 15:00:00 2021/09/22 15:00:00 2021/09/22 15:00:00 大規模な配達遅延が起きた佐世保郵便局(16日午後4時45分、長崎県佐世保市で)=林尭志撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210922-OYTNI50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)