世界体操・新体操行動緩和実験へ…北九州市長意向

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北九州市の北橋健治市長は28日、報道陣の取材に応じ、10月に同市で開かれる「世界体操・新体操選手権」について、新型コロナウイルス対策の行動制限緩和に向けた政府の実証実験に参加する意向を表明した。

 政府は、ワクチン接種証明書やPCR検査などによる陰性証明の提示を条件にイベント参加人数の制限緩和などを検討しており、10月にも実証実験が始まる予定。大会の収容人数は未定だが、実験への参加が認められれば、人数規模が増える可能性もある。

 世界体操は10月18~24日、世界新体操は同27~31日に行われる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2402235 0 ニュース 2021/09/29 05:00:00 2021/09/29 05:00:00 2021/09/29 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)