読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

馬が入ってくる前に伝来か、ミニチュア青銅器が壱岐で見つかる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

原の辻遺跡で出土した馬形青銅器(壱岐市教育委員会提供)
原の辻遺跡で出土した馬形青銅器(壱岐市教育委員会提供)

 魏志倭人伝が伝える 一支いき 国の中心集落跡、原の辻遺跡(長崎県壱岐市、国特別史跡)で、馬形の青銅製ミニチュアが見つかった。弥生時代後期(1世紀頃)に朝鮮半島から持ち込まれたとみられ、国内初の発見。日本列島に馬が入ってきた古墳時代中期(5世紀)以前に、一支国の人々が馬の存在を知っていた可能性を示す資料だ。

 馬形青銅器は、市教育委員会の2019年の発掘調査で出土した。長さ3・7センチ、高さ3・5センチ。頭部は欠けているが、たてがみや胴、脚の形から馬と分かる。前脚部分に穴が開いており、ひもを通して装飾品として使っていたようだ。

 長崎県埋蔵文化財センターの白石 渓冴けいご ・主任文化財保護主事によれば、韓国東南部の遺跡で出土した1世紀頃の青銅器に類例があり、海上交易でもたらされたとみられる。

 日本列島にはもともと馬は生息せず、5世紀頃に大陸から持ち込まれたと考えられている。韓国では紀元前1世紀頃には馬の飼育がうかがわれ、武末純一・福岡大名誉教授(考古学)は「朝鮮半島では、馬の文化が中国から入る過程で、独自にアクセサリー用の小型品が作られ、大陸に近い一支国にいち早く渡ってきたのだろう」と評価している。

 原の辻遺跡は船着き場の跡や、中国の鏡や貨幣、半島系の土器など、対外交流を示す遺構や遺物が多く出土している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2483417 0 ニュース 2021/10/30 15:00:00 2021/10/30 15:00:00 2021/10/30 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211030-OYTNI50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)