尖閣警備で沖縄配備、最大級巡視船「あさづき」引き渡し…下関

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 沖縄県・尖閣諸島の海上警備を担う海上保安庁の大型巡視船「あさづき」(総トン数約6500トン)の引き渡し式が12日、山口県下関市で行われた。海保最大級の巡視船で、沖縄県の石垣海上保安部に配備される。

尖閣諸島の海上警備を担うヘリコプター搭載型巡視船「あさづき」(12日午前、山口県下関市で)
尖閣諸島の海上警備を担うヘリコプター搭載型巡視船「あさづき」(12日午前、山口県下関市で)

 全長約150メートル、幅約17メートル。ヘリコプター搭載型で、長期間の航行ができ、夜間でも遠方を監視できる装備を備えている。第11管区海上保安本部(那覇市)によると、6500トン級の大型巡視船は国内5隻目で、沖縄への配備は初めてとなる。

 引き渡し式は三菱造船 江浦えのうら 工場で行われ、海上保安庁の石井昌平次長ら約70人が出席。あさづきの田代英己船長は「本船の持つ最新の機能を遺憾なく発揮し、国民の負託にしっかりと応えたい」と抱負を述べた。

 尖閣諸島周辺では、中国海警船の航行が常態化。今年の領海侵入は11日現在で30件に上り、昨年1年間(24件)を既に上回っている。海保は新たな大型船の投入で、監視の強化を図る方針だ。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2515638 0 ニュース 2021/11/12 15:00:00 2021/11/13 23:48:12 2021/11/13 23:48:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211112-OYTNI50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)