8月15日 戦死の真相…特攻死でなく敵機と交戦 伯父の最期千葉に記録

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

零戦と写真に納まる増岡寅雄さん(藤田さん提供)
零戦と写真に納まる増岡寅雄さん(藤田さん提供)

 終戦の日、特攻で戦死したと思われていた熊本県出身の当時18歳の少年が、千葉県上空で敵機と交戦した結果、戦死していたことがわかった。きっかけは、千葉県警から求められた遺骨のDNA鑑定への協力依頼だった。DNAは先月、別人のものとわかったが、遺族はその過程で少年の最期を示す資料の存在を知った。「遺骨はまだ見つかってないけれど、真実がわかって良かった」。遺族は前向きに捉えている。(松尾真里那)

中国戦線で死亡したメダリスト、我が子思う最前線からの手紙…ユーチューブで伝える「生涯」

 少年は熊本県御船町出身の増岡寅雄・1等飛行兵曹(当時18歳)。76年前、千葉県茂原市の茂原海軍航空基地から零戦で飛び立ち、消息を絶った。遺族は「終戦の日に特攻して死亡した」と聞かされていた。

 「我今より任地に向ふ、狂喜の余り身の置所を知らず思ひ残す事無し。只々国の為に散るのみ」。兄の健一さん(故人)が保管していた増岡さんの手紙には、赴任時の心情がこうつづられていた。それだけに、おいの藤田鉄平さん(69)(福岡市)は「終戦の日に特攻で亡くなるなんて、無念だったのではないか」と思い続けていた。

 そんな中、今年2月に千葉県警から連絡があった。房総半島にある千葉県大多喜町で見つかった零戦の残骸近くにあった遺骨について、DNA鑑定を行うための協力依頼だった。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2535323 0 ニュース 2021/11/20 15:00:00 2021/11/20 13:53:02 2021/11/20 13:53:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211120-OYTNI50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)