真珠湾攻撃と同日「コタバル上陸作戦」部隊の元兵士、過酷な体験を絵や文章で残す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

従軍記「戦争は二度と」

 同連隊でコタバルに上陸した佐賀県太良町の竹下渕郎さんは、2007年に89歳で亡くなる前、過去に執筆した体験談も合わせて一冊の従軍記をまとめた。100ページを超える冊子には、上陸時の情景が詳細につづられている。

       竹下渕郎さん
       竹下渕郎さん

 <敵は早くも我が軍の上陸を察知したらしく、上陸地点と思われる地点より銃砲の発射光が見え始めた。(中略)敵の撃ち出す砲弾や機銃弾は熾烈を極めたため、砂浜に散兵壕を掘って身を潜めた>

 作戦後に帰国し、1944年に再召集された。満州(現中国東北部)とソ連の国境警備中にソ連侵攻に遭い、シベリアに抑留された。酷寒の地で収容所に連行された日本兵らは、飢えや寒さで次々と亡くなった。

 <食事はコーリャン、大豆が主食で大豆を浮かしたスープが何か月も続いたので栄養失調者が出始める>

 作業が遅れているとして、ロシア人将校から何度も拳銃を突きつけられた。<敗戦国のあわれさ 残念で残念でたまらない>

 戦後はミカン農家として働く傍ら、家族にも語らなかった記憶を書き残した。

 <戦争は子々孫々の代まで二度と起すべきでない>

 従軍記は、この一文から始まる。

 竹下さんのメッセージを後世に伝えるため、次男の安良さん(63)は記録の活用方法を検討している。「父の思いを受け止め、自分にできることを考えたい」

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2579709 0 ニュース 2021/12/08 09:00:00 2021/12/08 14:36:12 2021/12/08 14:36:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211208-OYTNI50015-T-e1638941766751.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)