入場者低迷でHTBが赤字…9月期決算

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大型リゾート施設のハウステンボス(HTB、長崎県佐世保市)が13日発表した2021年9月期決算(単独)は、最終利益が21億円の赤字(前期は24億円の赤字)だった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で入場者数が低迷し、2年連続の赤字となった。

 売上高は前期比0・1%減の122億円だった。入場者数は7・8%減の127万人となったが、ホテル宿泊者数は9・8%増の15万人と回復した。12月の入場者数は個人客が好調でコロナ前の19年の水準を超えており、記者会見した坂口克彦社長は「今期は黒字を達成し、5年以内に過去最高益を目指す」と述べた。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2594807 0 ニュース 2021/12/14 05:00:00 2021/12/16 07:56:38 2021/12/16 07:56:38

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)