読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

医療的ケア児の通学、支援拡充求める声…親頼みで仕事辞め送迎、9月に支援法が施行

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 たんの吸引などが必要なため、安全面からスクールバスを利用できない 医療的ケア児 (医ケア児)や家族らが通学時の支援拡充を求めている。児童・生徒の多くは家族の送迎に頼らざるを得ず、そのために親が仕事を辞めたり、通学日を減らしたりするケースもある。9月には医ケア児と家族を支援する法律も施行され、関係者は「子どもの学びを保障するために一日も早く対策を」と訴える。(遠藤信葉)

30分で吸引数回

 福岡市西区の渋谷蓮君(14)は、同区にある今津特別支援学校の中学2年生。脳性まひで体が不自由だが、学校が大好きで小学生の頃はスクールバスで通学していた。小学6年の夏に気管切開し、中学生になると栄養を直接胃に送る胃ろうの手術もした。片道約30分の通学途中でたんの吸引が数回必要になり、バスに乗れなくなった。

残り:1453文字/全文:1803文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2640161 0 ニュース 2021/12/30 05:00:00 2021/12/30 20:16:30 2021/12/30 20:16:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)