ケーブル不要「無線給電」実証実験 大成建設、電動キックスケーター使い

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大成建設は、無線による給電技術で電動キックスケーターに充電する実証実験を福岡市で始めた。将来的には電気自動車(EV)が道路を走行しながら充電する技術の確立を目指しており、実現に向けて充電の安定性や効率性などを検証する。

大成建設などが始めた実証実験。マークが付いた無線給電スポットにキックスケーターを止めて充電する(15日、福岡市で)
大成建設などが始めた実証実験。マークが付いた無線給電スポットにキックスケーターを止めて充電する(15日、福岡市で)

 無線給電は、路面の下に送電機器を埋め込み、EVなどに受電機器を取り付けることで、ケーブルなどを使わなくても充電できる技術だ。福岡市の大型商業施設「マリノアシティ福岡」で15日に始めた実証実験では、電動キックスケーターの共有サービスを展開する「mobby」などと協力。今回は敷地内に無線給電機器を置き、キックスケーターに充電する。期間は30日までで、土日にはキックスケーターの試乗体験会も行う。

 大成建設は2030年までの技術確立を目指しており、乗用車に加え、大型トラックやバスなどでの導入を見込む。将来的には道路に無線充電用レーンを設けることも想定しており、同社は「充電しながら走行できるため、小さなバッテリーでも航続距離を伸ばせる」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2682170 0 ニュース 2022/01/18 07:00:00 2022/01/18 07:00:00 2022/01/18 07:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220118-OYTNI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)