返礼の基準適合か確認求める、総務省が全国に…ふるさと納税基準超え問題受け

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ふるさと納税を巡り、宮崎県 都農つの 町が「寄付額の3割以下」の基準を超える返礼品を提供していた問題を受け、金子総務相は18日、全国の自治体に対し、基準に適合しているか確認を求める通知を出したことを明らかにした。通知は14日付。

 総務省などによると、都農町では1万円以上の寄付に対する返礼品として取り扱っていた宮崎牛について、当初は基準額内で調達したが、想定を上回る申し込みがあり、返礼品を提案した事業者が調達などの対応ができなくなった。このため町が調達を引き継ぎ、牛肉価格の高騰で調達額が寄付額の60~85%に高まった。

 通知では、基準に合っているか疑義が生じた場合、速やかに返礼品の取り扱いを停止することも求めた。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2685047 0 ニュース 2022/01/19 05:00:00 2022/01/19 12:31:30 2022/01/19 12:31:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)