コロナ感染の柳田ら、キャンプは筑後で開始の方針…ソフトバンク

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ソフトバンクの森ヘッドコーチは21日、自主トレーニング中に新型コロナウイルスに感染した柳田、松田らの春季キャンプについて、育成選手中心のC組(三軍)やリハビリ組が集まる福岡県筑後市の球団施設でスタートさせる方針を明らかにした。24日の監督・コーチ会議で最終決定する。

 柳田は佐賀県、松田は熊本県での自主トレ合宿中に陽性が判明し、療養のため練習を中断した。A組(一軍)、B組(二軍)の宮崎キャンプでいきなり強度の高い練習をすると故障につながる恐れがあるため、森ヘッドコーチは「藤本監督とも話し、第2クール終わりくらいに(宮崎に)合流できる形になればいい」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2694464 0 ニュース 2022/01/22 05:00:00 2022/01/22 15:07:50 2022/01/22 15:07:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)