熊本・川辺川の流水型ダム、今後2700億円必要…国交省公表、総事業費4900億円に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年7月の九州豪雨で氾濫した熊本県・球磨川の治水対策で支流・川辺川で検討されている流水型ダムについて、国土交通省は17日、今後、必要な事業費が2700億円に上るとの試算を公表した。実施済みの整備費を加えた総事業費は4900億円となり、従来の川辺川ダム計画から1000億円以上の増額となる。完成時期は2032年度以降との見通しも示した。

 同日、熊本市で開いた球磨川水系学識者懇談会の中で明らかにした。同省は2008年、従来の川辺川ダムの総事業費について3300億~3400億円との試算を示しており、大幅な増額となった理由については物価上昇や消費税の増税、貯水型ダムから流水型ダムへの構造変更などを挙げた。

 また、会議では、検討中の流水型ダムについても治水効果を高める目的で、ダム本体の下部のほか、中段にも放流口を設け、それぞれにゲートを付けて洪水量を調節する方針も示した。

 川辺川ダム計画は旧建設省が1966年に発表。事業費は当初350億円とされていた。その後、事業費が膨らみ、「脱ダム」を掲げる民主党政権が09年に中止したが、九州豪雨を受け、国や県、流域市町村は昨年3月、流水型ダムを柱とする治水対策をまとめていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2770491 0 ニュース 2022/02/18 05:00:00 2022/02/18 05:00:00 2022/02/18 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220218-OYTNI50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)