こいのぼり3000匹、杖立川の上で復活の泳ぎ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 熊本県小国町を流れる杖立川の上で春の風をはらんで泳ぐ3000匹以上のこいのぼりが、温泉街の旅館などを訪れた観光客らの目を楽しませている=写真、中島一尊撮影=。

 こいのぼりの飾り付けは、新型コロナウイルスの影響で2020年には中止となった。九州豪雨を受け、飾り付ける場所の一部が通行止めになるなどした昨年は規模を縮小したが、今年は19年までと同様、約80メートルの川幅に800メートルほどの長さにわたって飾られた。

 杖立温泉観光協会は「新型コロナと水害で温泉街が閑散とすることもあったが、今年はこいのぼりを見た子どもたちの歓声が聞こえてきてうれしい。多くの方に足を運んでほしい」としている。

 5月8日まで飾られる。「 こい のぼり祭り」期間中の5月6日までは毎日、午後7~10時にライトアップされる。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2910091 0 ニュース 2022/04/10 16:42:00 2022/04/10 16:42:00 2022/04/10 16:42:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220410-OYTNI50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)