初代沖縄開発庁長官 山中氏の生誕100年事業企画

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 初代沖縄開発庁長官を務めた山中貞則氏(2004年に82歳で死去)の生誕100年に合わせた式典や講演会などの記念事業が7月、出身地の鹿児島県曽於市で企画されている。新型コロナウイルス禍で1年遅れの開催となったが、沖縄の本土復帰50年の節目の年に重なった。主催者は「沖縄に生涯をささげた政治家がいたことを知ってほしい」と話している。

両陛下が沖縄復帰50年の特別展「琉球」を鑑賞…展覧会場への訪問は感染拡大後初めて

 山中氏は本土復帰前の1970年、沖縄問題を担う総理府総務長官に就任。全ての有人離島を訪れて「島ちゃび(離島苦)」の解消に努めた。水不足問題を抱えていた沖縄県竹富町・黒島では海底送水管の設置に取り組んだといい、元同町長の那根元さん(81)は「島の恩人。感謝してもしきれない」と振り返る。

 米国統治下の琉球政府行政主席から知事に就いた 屋良朝苗やらちょうびょう 氏ら保革の枠を超えて信頼され、2003年には沖縄県初の名誉県民に選ばれた。

 記念事業は地元の顕彰団体が主催。7月23日には、沖縄からも出席者を招き、記念式典などを行う予定。

沖縄復帰50年、特集と最新ニュース
沖縄復帰50年
スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2998960 0 ニュース 2022/05/14 15:00:00 2022/05/14 15:00:00 2022/05/14 15:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)