福岡宮若・竹原古墳の副葬品 初展示

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡県宮若市にある装飾古墳、竹原古墳(国史跡)で出土した馬具や武器などの副葬品が、同市に4月に開館した文化施設・宮若トレッジで公開されている。副葬品が展示されるのは初めて。朝鮮半島との交流を担った被葬者の姿が浮かび上がるという。

 竹原古墳は、6世紀後半に築かれたとみられる直径約18メートル、高さ約6メートルの円墳で、1956年に発見された。石室に赤と黒で人物や さしば (日よけに用いる扇のようなもの)、波状の文様を描いた壁画とともに、副葬品の馬具や須恵器など約200点も見つかった。壁画は一般公開されているが、副葬品は地元に展示施設がなかったことから、収蔵庫に保管されたままだった。

展示されている「心葉形十字文杏葉」。上部に革ひもの付着も見られる
展示されている「心葉形十字文杏葉」。上部に革ひもの付着も見られる

 展示されているのは、金銅製の馬具やガラス玉、 太刀たち など57点。注目されるのは6世紀後半代と考えられるハート形をした馬具の飾り金具( 心葉しんよう 形十字文 杏葉ぎょうよう )だ。このタイプの杏葉は朝鮮半島の高句麗、新羅の遺跡での出土例が知られていたが、展示を監修した福岡県古賀市教育委員会の西幸子さんは、上部に付着していた革ひもに着目し、その縫い目が新羅のものと共通していると指摘する。

 これまで竹原古墳は馬を引く人物や龍、朱雀や玄武など四神信仰を思わせる絵柄から、高句麗の壁画古墳の影響が指摘されてきた。副葬品からはむしろ新羅の影響がうかがえるという。

 文献記録によれば新羅は6世紀に強大化し、ヤマト王権や高句麗との対立を深めていた。福岡大の桃崎祐輔教授(考古学)は、「被葬者は朝鮮半島の外交窓口となった豪族と考えられ、今後杏葉が高句麗と新羅のどちらで作られたかがわかれば、当時の交流のあり方の詳細な理解にもつながる」と話している。

 市は今後、文化財指定を目指し、X線CTスキャンを使った科学的調査を予定している。展示は7月10日まで。

(北村真)

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3018160 0 ニュース 2022/05/21 05:00:00 2022/05/21 05:00:00 2022/05/21 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220521-OYTNI50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)