タケノコのような食感の野菜「アーティチョーク」、収穫が最盛期

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

収穫が最盛期を迎えているアーティチョーク(22日、福岡県糸島市で)=田中勝美撮影
収穫が最盛期を迎えているアーティチョーク(22日、福岡県糸島市で)=田中勝美撮影

 福岡県糸島市で、丸いつぼみが特徴の西洋野菜「アーティチョーク」の収穫が最盛期を迎えている。

 キク科の多年草で、欧米では広く食用とされている。つぼみは直径10センチ前後で、ゆでたり蒸したりして中の果肉を食べる。タケノコのような食感という。

 20年以上前から栽培に取り組む同市の「久保田農園」が、約400株を育てている。6月上旬まで収穫し、全国のホテルやレストランなどに出荷する。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3029171 0 ニュース 2022/05/25 15:00:00 2022/05/25 20:04:02 2022/05/25 20:04:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220525-OYTNI50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)