タイの旅行業者 福岡市内を観光…訪日客実証事業

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 外国人観光客の受け入れ再開に向けた観光庁の実証事業で、福岡、大分両県を巡るタイの旅行会社関係者らが27日、羽田空港を経由して福岡空港に到着した。31日まで福岡市・天神や大分県内の温泉地などを訪れる。同庁は、実証事業を通じて外国人の意見を吸い上げ、今後策定する新型コロナウイルス感染対策などのガイドライン(指針)に反映させる。

実証事業で福岡タワーを訪れたタイの旅行会社関係者ら(27日午後、福岡市早良区で)
実証事業で福岡タワーを訪れたタイの旅行会社関係者ら(27日午後、福岡市早良区で)

 福岡を訪れたのは、タイ・バンコクの会社に勤務する32~57歳の男女4人。この日は、福岡市早良区の福岡タワーなどを観光した。展望室では、添乗員に促され、使用した双眼鏡を消毒する一幕もあった。

 参加者によると、食事の際にパーティションが設置されるなど、タイの感染対策とは異なる点もあったという。タナンヤー・ムッタライッドさん(41)は、「日本のコロナ対策は流れがスムーズで安心できた」と評価した。

 実証事業は、米豪など4か国の旅行会社関係者ら15組約50人が参加し、12県を訪れる。日本政府は来月10日から、外国人観光客の入国を再開する方針で、策定する指針を基にマスク着用などを求める。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3037263 0 ニュース 2022/05/28 07:33:00 2022/05/28 07:33:00 2022/05/28 07:33:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220528-OYTNI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)