日田彦山線BRT、23年夏開業

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR九州は27日、2017年の九州北部豪雨で被災した日田彦山線の一部不通区間に導入するBRT(バス高速輸送システム)について、23年夏に開業すると発表した。愛称を「BRTひこぼしライン」とし、専用道と一般道を併用して運行する。

 運行区間は、添田(福岡県添田町)―日田(大分県日田市)間の約40キロで、うち彦山(添田町)―宝珠山(福岡県東峰村)間の14キロは、バス専用道を走る。停留所の具体的な場所は検討中だが、被災前の12駅より増やし、沿線住民の利便性向上を図る方針だ。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3037811 0 ニュース 2022/05/28 05:00:00 2022/05/28 05:00:00 2022/05/28 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)