小野寺彰子氏が出馬表明 無所属で…5者協議会と政策協定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今夏の参院選福島選挙区(改選定数1)で、立憲民主党福島県連が立候補を要請していた同県郡山市のフリーアナウンサー小野寺彰子氏(43)が12日、無所属で立候補することを正式に表明した。

 小野寺氏は、県連、連合福島、県議会会派「県民連合」などで構成する「5者協議会」と政策協定を結んだ後、福島市で記者会見し、「ラジオの仕事を通じ、いろいろな悩みや問題を聞いてきた。ひとりひとりの心を伝え、政治を変えたい」と語った。

 立憲民主党本部の総合選挙対策本部長代行を務める玄葉光一郎・衆院議員は「5者協で力を合わせて結果を出したい」と話した。

 福島選挙区では、自民党が1月に新人で県医師会副会長の星北斗氏(57)の公認を決定した。現職の増子輝彦氏(74)、元法相の岩城光英氏(72)も無所属で出馬する意向を示している。

【リアルタイム更新中】参院選 開票速報
参院選 福島選挙速報・開票結果【随時更新】
スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2990284 0 ニュース 2022/03/13 05:00:53 2022/05/11 16:55:14 2022/05/11 16:55:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)