「美尻」ぞろいの林檎たち…王国・青森の秋

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

We Love ??????We Love ??????

青森支局長 金子 亨

80種2300本…弘前の公園

 リンゴ王国・青森は今がシーズンだ。人生初のリンゴ狩りに出かけたり、意外な場所で赤い果実を見つけたり。実りの秋は、心が弾む。

 青森市から、リンゴの一大産地・弘前市に車で向かったのは10月10日。国道7号を走ると、「津軽富士」の異名を持つ岩木山がぐんぐん近づいてきた。

リンゴの向こうにそびえる岩木山。この名峰を見ると、なぜか身が引き締まる思いになる(10月10日、青森県弘前市で)
リンゴの向こうにそびえる岩木山。この名峰を見ると、なぜか身が引き締まる思いになる(10月10日、青森県弘前市で)

 1時間半ほどで着いた弘前市りんご公園には、80種、約2300本のリンゴの木が植えられている。秋晴れの空とリンゴ、岩木山が織りなす景色が美しい。

 公園で収穫できるリンゴは時期によって異なり、この日は黄色い「トキ」と、深紅の「北紅(きたくれない)」だった。しかし、そもそも取り方がわからない。「リンゴのお尻に手のひらを添えて、くるっと手首をひねればいいですよ」。同行した公園スタッフの助言に従うと、あっさりもげた。

お尻で見分ける

 おいしいリンゴの見分け方はあるのだろうか。スタッフいわく、「トキは、お尻まで黄色いと食べ頃です」。では、北紅はと聞くと、「お尻まで赤黒いのがいいです」。リンゴは万事、お尻がポイントのようだ。

 収穫は1人5個までで、重さに応じた料金を支払う仕組み。入場料は不要だ。本日はトキと北紅を2個ずつ狩り、計4個で税込み396円だった。帰宅後、自ら取ったリンゴをかじる。ジューシーなトキ、甘みたっぷりの北紅。格別だ。

パイ・スープ…加工品も格別

アスパムで買ったチーズアップルパイ。1個350円。撮影後、瞬く間に胃袋へ
アスパムで買ったチーズアップルパイ。1個350円。撮影後、瞬く間に胃袋へ

 ところで、ここ青森ではリンゴの加工品も侮れない。例えば、青森市の県観光物産館「アスパム」1階などで販売されているチーズアップルパイ。もしくは、旧東奥義塾外人教師館(弘前市)内のカフェでいただいたリンゴのスープ。舌鼓を打ちまくっているが、そんな青森のリンゴのルーツを調べてみると、何と県庁に行き着いた。1875年(明治8年)、内務省から苗木が本県に配布され、県庁の敷地内に植えられたのが始まりだという。

 そして県庁の前庭では今も、11品種14本のリンゴの木が育てられている。こんな県庁が日本にあるとは驚きだ。県によると、収穫した果実は例年、カゴに入れて庁舎玄関に置き、来庁者にプレゼントしているという。ただ、先着順で数に限りがあるうえ、「普通のリンゴに比べると、品質は……」とのことだ。

青森県庁前庭に植えられたリンゴの木。ふじの実がなっていた。詳細は県のホームページで(10月21日、青森市で)
青森県庁前庭に植えられたリンゴの木。ふじの実がなっていた。詳細は県のホームページで(10月21日、青森市で)

王国脅かす温暖化

 青森県のリンゴ収穫量は全国の5割以上を占める約40万9800トン(2019年産)で、もちろん日本一。だが、地球温暖化に伴う各都道府県の将来像を予測した公益財団法人・世界自然保護基金ジャパンの特設サイト「未来47景」によると、今世紀末、リンゴは暑さに耐えられなくなり、青森の特産物から消えてしまう恐れがあるという。

 それを防ぐために何ができるだろう。リンゴ王国に住む一人として、考えなければならないと思っている2020年の秋である。

生まれて初めてのリンゴ狩り。今度はリンゴの花を見に来ようと思っている
生まれて初めてのリンゴ狩り。今度はリンゴの花を見に来ようと思っている
プロフィル
金子 亨(かねこ・とおる)
 1971年12月、東京・町田生まれ。94年、読売新聞東京本社に入社し、長野支局に。長野五輪を取材したかったが、98年の五輪期間中はテロ警戒要員に。以降、国際部、社会部、モスクワ支局、配信部、ウィーン支局、川崎支局、釜石支局、東北総局、千葉支局などを経て、2020年6月から青森支局長。入社以来、引っ越しは今回で17回目。知らない土地で暮らす楽しさを存分に味わっている。青森は何を食べてもおいしく、月1キロのペースで体重増加中。

■「We Love みちのく」記事一覧はこちら

無断転載・複製を禁じます
1586761 0 We Love みちのく 2020/10/29 12:00:00 2020/11/26 12:41:44 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201021-OYT8I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ