読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

青森・黒石のB級グルメに舌鼓

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

We Love みちのくWe Love みちのく

青森支局長 金子 亨

見た目たぬきソバ、味はウスターソース

 あつあつのやきそばに、あつあつのだし汁をかけたB級グルメ。それが、青森は黒石市が誇る「黒石つゆやきそば」だ。未知の味を求め、初めて訪れた黒石。そこは見どころいっぱいの街でもあった。

木製のアーケードが延びる「中町こみせ通り」。犬がひょっこり姿を現した(3月27日、青森県黒石市で)
木製のアーケードが延びる「中町こみせ通り」。犬がひょっこり姿を現した(3月27日、青森県黒石市で)

 黒石は、自宅がある青森市の隣の市。高速を使えば40分そこそこで行けることを確認し、土曜日の3月27日に向かった。昼時に到着したため、早速、目星をつけていた「すずのや」ののれんをくぐる。当方、食べ盛りの49歳とあって、迷わず大盛りを注文。はやる気持ちを抑えつつ、つゆやきそばのルーツが記された説明書きを読む。

大盛りのつゆやきそばに心が躍る
大盛りのつゆやきそばに心が躍る

 それによると、地元の食堂兼飲み屋で誕生したのは昭和30年代。作り置きの冷めた麺につゆをかけて温かくしたという説と、腹持ちさせるためにつゆを足したという説があるそうだ。店はほどなく閉じられたが、「すずのや」の主人はここをよく訪れていたといい、舌の記憶を頼りに味を再現したと教えてくれた。

 来店した数々の著名人の写真を眺めていると、目当ての一品が登場。太く平らな麺が黒っぽいつゆにつかっている。刻みネギと揚げ玉がちりばめられた見た目は、たぬきソバに似ていなくもない。

 つゆは和風と中華のブレンドというが、やきそばのウスターソースの味が勝っていると感じる。ウスター好きの自分にはたまらぬ味付けで、箸が止まらない。七味とソースをちょい足しして「味変」するのもオススメだ。

 1杯550円で、大盛りは150円増し(税込み)。おやつとごはんの中間のような食べ物に満足して店を出ると、そこには「中町こみせ通り」が広がっていた。

木のぬくもりが漂う「中町こみせ通り」。昔ながらの風情に心が癒やされる(3月27日、青森県黒石市で)
木のぬくもりが漂う「中町こみせ通り」。昔ながらの風情に心が癒やされる(3月27日、青森県黒石市で)

連なる庇、藩政時代にタイムスリップ

 「こみせ」とは、通りに面した町家の正面に設けられた(ひさし)のこと。いわば木製のアーケードで、夏は強い日差しを遮り、冬は吹雪や積雪から人びとを守る。通りには、こみせを備えた藩政時代の建物が連なっており、タイムスリップしたような気分で歩いた。

 一角に蔵のような建物を見つけた。「手作り雑貨・体験工房 IRODORI(いろどり)」。黒石の夏を彩るねぷたの絵を切り取って作った灯籠やうちわが飾られており、ライトに照らされた色とりどりの絵柄が美しい。自ら制作することもできると聞いて、うちわ作りに挑戦。いい感じの一点ものが仕上がった。

幻想的な雰囲気に包まれた「IRODORI」の店内
幻想的な雰囲気に包まれた「IRODORI」の店内

 そぞろ歩きを再開。土産物店「津軽こみせ駅」に足を踏み入れると、三味線の無料演奏会が開かれていた。最後の一曲「津軽じょんから節」が始まるところで、ぎりぎり間に合った。

 奏者がバチと指で弦をはじく。耳にも心にも音が響き、血が騒ぐ。いても立ってもいられなくなるこの感情を地元では「じゃわめぐ」と言い表すそうだが、次は開催日時を事前に確かめたうえで、じゃわめぐ生演奏を最初から聴きたい。

津軽系こけしにときめく

 こみせ通りは弘南鉄道の黒石駅から徒歩で約10分。ローカル線に乗って来ることも考えたのだが、車を選んだのは、ほかにも訪ねたい場所があったからだ。

 それが、こみせ通りから車で15分ほどの「津軽こけし館」だ。「必ず、見つかる。トキメクこけし」のキャッチコピーの通り、自分のような中年男の心もときめかせる伝統こけしがずらりと並ぶ。こけしは東北地方に11系統あるそうだが、買うならやはり地元の津軽系だろう。同じように見えても表情が微妙に異なっており、選び抜いた一つを買い物カゴに入れた。

「こけし館」の名の通り、館内の至る所にこけしが並べられていた
「こけし館」の名の通り、館内の至る所にこけしが並べられていた

 館内では、女性の工人が津軽伝統のコマ「ずぐり」の制作を実演していた。軸が太く、雪の上でも回せると本紙青森県版で紹介されていた雪国のコマ。これも一つ買い求め、後日、自宅で試してみると、畳の上でもクルクル回ってくれた。

 夕刻が近づいてきた。こけし館から車で数分の「温湯(ぬるゆ)温泉共同浴場」で一日を締めくくろう。シャンプー類の備え付けはないが、入浴料は大人250円(税込み)とコスパがいい。湯はぬるめと熱めの2種。「ぬるゆ」の名を持つ温泉で、熱めの湯につかるのも一興だ。体も心もぽかぽかになって、家路についた。

◆黒石市 青森県のほぼ中央に位置する城下町で、リンゴの産地や津軽系こけし発祥の地として知られる。扇形や人形のねぷたが市街地を練り歩く「黒石ねぷた祭り」は夏の伝統行事だが、昨年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止となった。人口は約3万2000人。

プロフィル
金子 亨(かねこ・とおる)
 1971年12月、東京・町田生まれ。94年、読売新聞東京本社に入社し、長野支局に。長野五輪を取材したかったが、98年の五輪期間中はテロ警戒要員に。以降、国際部、社会部、モスクワ支局、配信部、ウィーン支局、川崎支局、釜石支局、東北総局、千葉支局などを経て、2020年6月から青森支局長。入社以来、引っ越しは今回で17回目。知らない土地で暮らす楽しさを存分に味わっている。青森は何を食べてもおいしく、体重が増えた。

■「We Love みちのく」記事一覧はこちら

無断転載・複製を禁じます
1968325 0 We Love みちのく 2021/04/08 12:00:00 2021/04/08 12:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210406-OYT8I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)