読売新聞オンライン

メニュー

蝦夷の将の亡骸埋めた岩手「鬼死骸村」は今

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

We Love みちのくWe Love みちのく

盛岡支局長 林英彰

停留所に由来説明やスタンプ

 岩手県南部にかつて、鬼死骸という名の村があった。自治体としては明治時代に消滅したが、その地名入りの電信柱はいまも残り、バス停も最近まで現役だった。このおどろおどろしい名前に匹敵するのは、私見だが、渋沢栄一の出身地の血洗島(埼玉県深谷市)ぐらいか。地元では、名前を生かしたまちおこしが始まっている。

今は休憩所となっている「鬼死骸停留所」。中には「鬼死骸村絵図」のパネルなどが掲示されている
今は休憩所となっている「鬼死骸停留所」。中には「鬼死骸村絵図」のパネルなどが掲示されている

 宮城県境に近い一関市真柴地区。農村の風景を楽しみながら、まっすぐに延びた県道を車で南下する。この辺りかと右側を見ると、あった。「国鉄バス 鬼死骸停留所」の看板が目立つ待合所(いまは休憩所)だ。

 中には村名の由来などが書かれた説明板やパンフレット、江戸時代に描かれた「鬼死骸村絵図」のパネルなどがある。コメントが書ける自由帳に「鬼死骸」スタンプも設置済みだ。

バス停は、関連名所までの距離などを示す案内板として活躍している
バス停は、関連名所までの距離などを示す案内板として活躍している

 バス停には、5年前まで路線バスが止まっていた。ルート変更で廃止となったが、バススタンドは“鬼”関連の名所までの距離などを示す案内板として活躍中だ。

 地元紙で見た「鬼死骸」の名前にひかれてここに来たが、訪問者の理解を助ける様々な配慮を目の当たりにし、すでにかなり満足だ。

 待合所に腰を下ろす。耳を澄ますと「ホーホケキョ……」。別の鳥のさえずりも聞こえる。のどかだ。地名とのギャップに () える自分がいる。

 平安時代、 征夷(せいい) 大将軍の坂上田村麻呂が、抵抗する 蝦夷(えみし) の将、 大武丸(おおたけまる) を討ち取った。斬首は現在の宮城県まで飛び、それ以外の 亡骸(なきがら) を埋めた場所が鬼死骸と呼ばれるようになった。地元に伝わる由来だ。鬼死骸村は他村と合併した明治8年(1875年)まで実在した。

埋められた大武丸の亡骸の上に置かれたといわれる「鬼石」
埋められた大武丸の亡骸の上に置かれたといわれる「鬼石」

大武丸の亡骸の上に置かれた?「鬼石」

 個人的には、どんないわれがあるにせよ、よくぞ人々はこの村名を受け入れたと思う。

大武丸のあばら骨とも伝えられる「あばら石」
大武丸のあばら骨とも伝えられる「あばら石」

 下世話な妄想で申し訳ない。自分が同村の住民だとする。旅先のホテルで宿泊カードに住所を記入するにはかなりの緊張を強いられ、勇気もいる。受付担当にふざけたやつだと思われないだろうか。

 本筋にもどる。

 「バス停」の案内を頼りに、県道を北へ650メートル移動すると、田んぼの中に「鬼石」があった。その巨石は、大武丸の亡骸を埋めた上に置かれたといわれる。近くには、大武丸のあばら骨とも一部が埋められた場所とも伝えられる「あばら石」、坂上田村麻呂が平安を祈願して 勧請(かんじょう) したという鹿嶋神社もある。高台にある神社は木々に囲まれ、昼間でも薄暗い。いい雰囲気だ。

 ちなみに階段を上ると左側に、前足部分を失った小さな 狛犬(こまいぬ) が目に入る。鬼の仕業かと思ったら、東日本大震災時の地震で破損したらしい。鬼より怖いものはいろいろある。

のどかな田園が広がる真柴地区
のどかな田園が広がる真柴地区

「鬼滅」ブームにあやかり話題に

 ところで、休憩所や案内板などを整備したのは、「真柴まちづくり協議会」のみなさんだ。会長の大倉秀章さん、真柴市民センター所長の小野寺徹さん、同センター職員の佐藤美和さんがいろいろと説明してくれた。

鹿嶋神社の狛犬の前足が欠けているのは、震災が原因らしい
鹿嶋神社の狛犬の前足が欠けているのは、震災が原因らしい

 3人によると、協議会は地元の歴史や史跡をPRする事業の中で、奥州街道などとともに、鬼死骸村も紹介する活動を始めていた。

 そこに、漫画「鬼滅の刃」ブームが到来。まさに鬼が滅した場所としてネット上で話題となり、マスコミの取材も相次いだ。このため昨年から今年にかけ、鬼死骸関係の事業が急ピッチで進むことになったという。

 3人は気合十分。取材時には、自腹で購入したという特製の上着やマスク、帽子を見せてくれた。上着の左胸と背面には「奥州街道 鬼死骸」の文字が並ぶ。時代が違えば、バイクでブンブンいわせるお兄さんたちの服に似合いそうだが、インパクトは十分だ。

特製上着や帽子なども作り、PRに余念のない「真柴まちづくり協議会」のメンバーら
特製上着や帽子なども作り、PRに余念のない「真柴まちづくり協議会」のメンバーら

 協議会では、鬼死骸ゆかりの地も訪れるツアーを開催したり、無料のアプリで“鬼死骸地図”を作成したりして、内外への周知を図る。小野寺さんは「鬼死骸をきっかけにして人々が様々な史跡を巡り、真柴地区への理解を深めてくれるとうれしい」と話す。

 アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は米国など海外でも大ヒットした。世の中が落ち着き、旅が自由にできるようになると「オニシガイ」を求めて海外の鬼滅ファンが真柴地区まで足を運ぶこともありそうだ。協議会の皆さんは、ますます忙しくなるかもしれない。

 問い合わせ先 真柴市民センター 0191・26・2523)

プロフィル
林 英彰(はやし・ひであき)
1965年6月11日、千葉県生まれ。20代前半は米国に遊・留学して過ごす。92年、26歳で読売新聞東京本社に入社し、水戸支局に。国際部、ニューデリー・甲府・ジャカルタ・富山・成田の各支局、北陸支社事業担当、英字新聞部などを経て、2020年9月から盛岡支局長。音楽は民謡からメタルまで薄く広く愛聴。旅好き(冒険本、ロードムービーも)。広大な岩手県をはじめ、東北各地を隅々まで巡ってみたい。

■「We Love みちのく」記事一覧は こちら

無断転載・複製を禁じます
2148272 0 We Love みちのく 2021/06/24 12:00:00 2021/06/24 12:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210618-OYT8I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)