読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

錦秋の青森・八甲田連峰に登る〈上〉

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

We Love みちのくWe Love みちのく

青森支局長 吉田尚大

「千人風呂」酸ヶ湯温泉から出発

 冬には日本有数の積雪量を記録する青森県・八甲田連峰。その厳しい冬の訪れを前にした10月6日、八甲田連峰最高峰で「日本百名山」にも選ばれている八甲田大岳(1585メートル)に登ると油絵のような錦秋を楽しむことができた。8月下旬に登った時の緑濃い八甲田大岳と比べながら紹介していこう。

酸ヶ湯温泉の駐車場から望む八甲田大岳。麓の樹木が鮮やかに紅葉している
酸ヶ湯温泉の駐車場から望む八甲田大岳。麓の樹木が鮮やかに紅葉している

 大学生の時は登山が趣味だった。新聞社に就職してからは、いつ電話一本で呼び出されるかわからないため、電波が届かず、東京に戻るのに1日かかるような山に登るわけにはいかなかった。だが、5年前に山梨県の甲府支局に異動して自宅から支局に歩いて出勤していると、真正面に鳳凰三山や甲斐駒ヶ岳という3000メートル近い名峰が見える。どうにも登りたい気持ちを抑えることができず、週末には山に登るようになった。

 6月に青森支局に異動して、青森市にある自宅マンションのカーテンを開けると正面に八甲田連峰が見える。「八甲田山」という山は実はなく、「北八甲田」「南八甲田」にある山々の集まりが八甲田連峰だ。今も火山活動が続いているために麓にはいくつもの温泉があるが、硫化水素が発生して木が立ち枯れている場所もある。

 スタートは、標高約900メートルにあり、ヒバ造りの「千人風呂」が有名な 酸ヶ湯(すかゆ) 温泉だ。駐車場から見ると、麓には色鮮やかな紅葉が雲のようにわき上がっている。

日本アルプス・八ヶ岳より緑濃く重厚

水が流れる湿原「仙人岱」。ハイマツやアオモリトドマツに覆われた正面の小岳にはほとんど紅葉は見られない
水が流れる湿原「仙人岱」。ハイマツやアオモリトドマツに覆われた正面の小岳にはほとんど紅葉は見られない

 登山道は頭上に覆いかぶさるように生い茂っている樹木のために薄暗い。立ち枯れて白い木が点在する林や、白く変色した石が転がっている沢が現れてきた。「火山性有毒ガス注意」という看板が立ち、風に乗って硫黄のにおいが流れてくる。沢の水音を聞きながら登山道を登っていくと、「仙人岱」と呼ばれる湿原に着いた。

 八甲田大岳を見上げると、8月はハイマツやアオモリトドマツに覆われて濃く深い緑色だったが、少し緑色が薄らぎ、麓には紅葉した木が散らばっている。これまでに登った日本アルプスや八ヶ岳に比べると、八甲田連峰は緑が濃く重厚に感じられる。

仙人岱から見上げた八甲田大岳。8月よりも緑色が薄くなって茶色が目立つ
仙人岱から見上げた八甲田大岳。8月よりも緑色が薄くなって茶色が目立つ

まろやかな湧き水、真冬は積雪6メートル

 仙人岱では、木の囲いの中に「八甲田清水」と呼ばれる水が湧き出していた。すくい上げて口に含むとまろやかな味だ。青森市から来たという女性と話すと、このあたりは真冬には6メートルほどの雪が積もり、雪からのぞいている木の先に樹氷ができるらしい。

 20分ほど休憩して立ち上がり、八甲田大岳に続く最後の登山道を登り始めた。先ほどまでは穏やかな晴天だったが、10分ほどの間に天気が急変。登山道は濃い霧に取り巻かれ、冷たい風が吹き付けてきた。樹林帯と岩が転がる道をたどり、仙人岱から40分ほどで着いた山頂は、晴れていれば下北半島や津軽半島、青森県最高峰の岩木山(1625メートル)まで見えるというが、濃く白い霧で50メートル先も見えないほどだ。夏の登山で見ることができた、小岳(1478メートル)と高田大岳(1559メートル)も、どこにあるのやらさっぱりわからなかった。

霧に取り巻かれた山頂。晴れていれば8月のように小岳と高田大岳が見えるはずだが……
霧に取り巻かれた山頂。晴れていれば8月のように小岳と高田大岳が見えるはずだが……
小岳(手前)と高田大岳(奥)。8月撮影
小岳(手前)と高田大岳(奥)。8月撮影

 フリースを着込み、登山靴のひもを締め直した。これから酸ヶ湯温泉まで2時間以上の下りが始まる。

プロフィル
吉田 尚大(よしだ・なおひろ)
1971年2月、兵庫県赤穂市生まれ。2021年6月から青森支局長。16~18年の甲府支局デスクの間に、「山梨百名山」の7割と八ヶ岳のほとんどに登った。今回、夏と秋の八甲田連峰を登ったので、雪の冬にもチャレンジしたいとひそかに狙っている。ただ、1902年1月、雪中行軍中だった旧陸軍青森歩兵第5連隊の199人が雪と寒さで命を落とした事件を描いた映画「八甲田山」(77年公開)を見たときの衝撃が大きく、挑戦するかどうか思案中。

■「We Love みちのく」記事一覧は こちら

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2457685 0 We Love みちのく 2021/10/21 12:00:00 2021/10/21 12:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211019-OYT8I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)