爽快!春の雪山登山…季節によって姿変える青森・八甲田連峰を楽しむ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

We Love みちのくWe Love みちのく

青森支局長 吉田尚大

 登山道にとらわれず、好きなルートを歩けるのが雪山の楽しさだろう。4月23日。弘前城の桜は満開だったが、約40キロ離れた八甲田連峰最高峰の八甲田大岳(1585メートル)を訪ねた。登山道は1メートルほどの雪に覆われているため、軟らかい雪を踏みしめながら、林の中を縫うようにして頂上を目指した。

波がぶつかる岩のそばに優しい緑、陸と海の楽しさ凝縮…八戸・蕪島-種差海岸を歩く

この季節だからこそのルート

 青森市中心部の自宅を車で出て約1時間。標高約900メートルの 酸ヶ湯(すかゆ) 温泉の駐車場に車をとめると、鳥居が埋まるほどの雪が積もり、白い雪面が広がっていた。

鳥居が埋まるほど雪が積もった登山口。奥に見えるのが八甲田大岳
鳥居が埋まるほど雪が積もった登山口。奥に見えるのが八甲田大岳

 足を踏み入れるとシャーベット状の雪の「ジャリッ」という感触が伝わってくる。登山道が見えないため、木に取り付けられている「大岳コース」などの案内板を頼りに登り始めた。

木の高い位置に取り付けられている「大岳コース」の案内板
木の高い位置に取り付けられている「大岳コース」の案内板

 雪がない季節だと、山腹を横切るような登山道をたどる。だが、登山道は雪で埋まっているために、林の中の木と木の間が開いているところを選んで登っていく。決められたルートではなく、岩や木を覆っている雪の上で自分の好きなルートを進む快感は、雪山登山の 醍醐(だいご) 味の一つといえるだろう。

木々の上を歩いている不思議

 1時間半ほどで「 仙人岱(せんにんたい) 」と呼ばれる湿原に着いた。初夏だと自然豊かな湿原だが、この時期は一面雪に覆われ、わずかにマツと岩が頭をのぞかせているだけだ。見上げると、目の前には、八甲田大岳の頂上まで続く大きな山体がそびえている。夏や秋は密生している木々に覆われているために足を踏み入れることができず、さらに先に進んでから登山道に入るしかない。

雪に覆われた八甲田大岳(左)。緑濃い木々に覆われていた8月(右)とは別の山のようだ
雪に覆われた八甲田大岳(左)。緑濃い木々に覆われていた8月(右)とは別の山のようだ

 だが、今の季節は別だ。木々は1メートルほど積もった雪に覆われているため、雪の上を通って、仙人岱からほぼ直進して頂上を目指すことができる。あの密集した木々の上を歩いていると思うと不思議な感覚だ。30分ほどで合流した登山道は雪が解けて地面が露出していて、1時間ほどで頂上に着いた。

分厚い雪、クッションにも

登山口から3時間ほどで着いた八甲田大岳山頂。左奥が青森市街地だが、雲に覆われて何も見えない
登山口から3時間ほどで着いた八甲田大岳山頂。左奥が青森市街地だが、雲に覆われて何も見えない

 下りも、夏の登山道とは違う沢を選んだ。夏だと石に足を取られて転びそうなために足を踏み入れられないが、今は分厚い雪に覆われているから歩けそうだ。雪がクッションにもなるため、雪が詰まった沢を快適に下ることができ、頂上を後にして2時間半ほどで酸ヶ湯温泉に戻ることができた。

酸ヶ湯温泉で温まり、棟方志功を思う

雪の詰まった沢を下る
雪の詰まった沢を下る

 気温は低くなかったが、頂上付近は強風が吹き続けていたために体が冷えた。酸ヶ湯温泉に入って帰ろう。柱一本ないヒバ造りの「千人風呂」に入り、白く濁った湯につかると、体の芯から温まってくる。千人風呂を出て広い館内を歩くと、青森出身の版画家、棟方志功(1903~1975年)の作品が展示されていた。志功は湯治をしながら作品を彫ることもあるなど、酸ヶ湯温泉とは縁が深い。

雪の中にうずくまっているような酸ヶ湯温泉
雪の中にうずくまっているような酸ヶ湯温泉

 志功は1929年(昭和4年)夏、酸ヶ湯温泉の従業員で、「鹿内仙人」とも呼ばれて親しまれていた鹿内辰五郎と八甲田大岳を登っていた。鹿内が仙人岱で竹笛を吹くと、両翼に丸い模様のあるタカが飛来。鹿内は「神鷹だ」と告げ、伏して拝む志功に、「世界一偉くなるぞ」と予言した。この日以来、志功はタカを好んで描くようになり、タカを描いた作品が数多く伝わっている。

 残雪期の八甲田連峰はモノトーンの世界で、鳥の声一つ聞こえない静寂に包まれていた。だが、初夏の湿原には小さなクロサンショウウオが泳ぎ、紅葉の森林では鳥のさえずりが響く。四季それぞれに魅力のある表情を見せてくれる八甲田連峰の深い自然の中には、このようなタカが生息していても不思議ではないような気がしてきた。

 5月の大型連休が終わると、八甲田連峰の雪解けも進んできた。今度は新緑に包まれた山を訪ねてみたい。

プロフィル
吉田 尚大(よしだ・なおひろ)
 1971年、兵庫県生まれ。2021年6月から青森支局長。毎朝、自宅のカーテンを開いて八甲田連峰を見るのが日課。四季によって装いを変える自然豊かな八甲田連峰にひかれて、八甲田大岳には計4回登った

「We Love みちのく」記事一覧はこちら

全国の旅行・観光情報はこちらから
スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3010443 0 We Love みちのく 2022/05/19 12:00:00 2022/05/19 12:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220516-OYT8I50098-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)