波がぶつかる岩のそばに優しい緑、陸と海の楽しさ凝縮…八戸・蕪島-種差海岸を歩く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

We Love みちのくWe Love みちのく

青森支局長 吉田尚大

 なぜこんな風景があるのだろう――。青森への転勤が決まってガイドブックを見ていた時、1枚の写真に引きつけられた。波が打ち付ける荒々しい岩のそばに、ゴルフ場のように広々とした芝生の草原が広がっている。梅雨入り前日の6月14日、行きたかった青森県八戸市の 種差(たねさし) 海岸を訪ねた。

陸奥湾でイルカ目撃増 出現遊覧船で100% 昨年から 「観光の起爆剤に」 イワシの回遊影響か
ハマナスの花が咲く遊歩道
ハマナスの花が咲く遊歩道

「グワーッ」と鳴くウミネコ、踏まぬよう歩く

 青森県八戸市から福島県相馬市までの太平洋沿いに整備された全長1000キロ超の道が「みちのく潮風トレイル」だ。今回歩いたのは、八戸市の 蕪島(かぶしま) から種差海岸までの約8キロ。種差観光協会会長の柳沢卓美さんが案内してくれた。

蕪嶋神社の階段に立つウミネコとヒナ。近づいても全く逃げようとしない
蕪嶋神社の階段に立つウミネコとヒナ。近づいても全く逃げようとしない

 蕪島は国内最大のウミネコ繁殖地だ。階段を上って蕪嶋神社の境内に入ると、ウミネコとそのヒナが全く人を恐れずに「グワーッ」と鳴き声をあげている。踏まないようによけながら歩くのは不思議な感覚だ。

海岸に、なぜか高山植物

 潮風と磯の香りを受けながらハマナスが咲く海岸沿いの遊歩道を歩く。白い花を咲かせ、種差海岸が南限のエゾノシシウド、大型のセリ科植物のオオハナウドなどが目を楽しませてくれる。

種差海岸で見られる植物。(左から)ウミミドリ、エゾノシシウド、スナビキソウ、ハマエンドウ、ハマヒルガオ
種差海岸で見られる植物。(左から)ウミミドリ、エゾノシシウド、スナビキソウ、ハマエンドウ、ハマヒルガオ

 岬にある 葦毛崎(あしげざき) 展望台に着いた。黄色の花びらが鮮やかなニッコウキスゲがそこここに咲いている。高山植物なので、日本アルプスなどの気温が低い高山に登らないと見られないはずだ。高山植物がなぜ海岸に?

ヤナギタンポポの奥に葦毛崎展望台を望む
ヤナギタンポポの奥に葦毛崎展望台を望む

 柳沢さんによると、梅雨時に「やませ(山背)」と呼ばれる冷たい風が吹き付けて気温が下がるため、このあたりでは高山植物が咲くという。歩道の右側にはニッコウキスゲが咲いているが、左側の砂浜には、地中に根を張るスナビキソウや、紫色の花が鮮やかなハマエンドウが咲いている。「草原や砂浜、岩壁、松林など環境が多様なので、それぞれの環境に合った様々な種類の植物を見られるのが魅力でしょう」と柳沢さんは話す。

葦毛崎近くでは高山植物のニッコウキスゲが咲く
葦毛崎近くでは高山植物のニッコウキスゲが咲く

 その先には、約2・3キロにわたって白い砂浜が続く大須賀海岸が延びている。海水浴場のほうから見ると、白い砂浜と、その上を掃くように押し寄せては引く波しか見えず、消波ブロックなど人工の構造物が全くない。今の日本では珍しい風景だろう。

人工の構造物が全く目に入らない大須賀海岸
人工の構造物が全く目に入らない大須賀海岸

異星人を案内するなら、この海岸に

 松林を抜けると目の前が明るく開けた。ゴールの種差天然芝生地だ。元々は馬の放牧地だったために広々とした芝生の草原が、緩やかな起伏を伴って残っている。だが、海に面した側は、波に削り取られた荒々しい岩が連なるという対照的な風景だ。

ウミウのフンで白くなった白岩
ウミウのフンで白くなった白岩

 司馬遼太郎が著書「街道をゆく」のなかで、「どこかの天体から人がきて地球の美しさを教えてやらねばならないはめになったとき、一番にこの種差海岸に案内してやろうとおもったりした」とたたえるほど、陸と海の美しさが凝縮されている。

文学者も画家もひかれた地

 この地にひかれたのは司馬遼太郎だけではない。詩人・草野心平は「種差海岸」と題した詩で、種差海岸の月を「ザボンのような満月」とたたえた。画家・東山魁夷は海辺に放牧された馬を描いた「水辺放牧」という作品を残している。「大正の広重」とも呼ばれ、 鳥瞰図(ちょうかんず) を描き続けた画家・吉田初三郎は1935年(昭和10年)、種差海岸を望む高台にアトリエ「潮観荘」を構えるほどこの地を愛した。柳沢さんは「豊かな自然が残されている海岸の中に、港や草原、砂浜などがあって変化に富むところに引きつけられたのではないでしょうか」と推測している。

 今回歩いたコースは、秋になると真っ白なハマギクが咲くという。季節が移り変わるたびに歩いてみたい。そう思うほど心に残る道だった。

芝生が鮮やかな種差天然芝生地
芝生が鮮やかな種差天然芝生地

 ◆種差観光協会への問い合わせは(0178・38・2024)。また、種差海岸インフォメーションセンターのウェブサイトでは地元のガイドを紹介している。

プロフィル
吉田 尚大(よしだ・なおひろ)
 1971年、兵庫県赤穂市生まれ。2021年6月から青森支局長。小学生の時に登った北アルプス・唐松岳でニッコウキスゲを見て以来、草原の中でも色鮮やかなこの花が好きに。なかなか目にできない高山植物だと思っていたが、今回の取材では遊歩道沿いに咲き乱れていたので感動した。

「We Love みちのく」記事一覧はこちら

全国の旅行・観光情報はこちらから
スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3103399 0 We Love みちのく 2022/06/23 12:00:00 2022/06/23 14:47:28 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220620-OYT8I50078-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)