読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ソ連スパイ忍者を研究

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

→→36
→→36
ソ連で忍者を研究したロマン・キム=クラーノフ・アレクサンドル氏提供
ソ連で忍者を研究したロマン・キム=クラーノフ・アレクサンドル氏提供

 忍者ブームが1980年代のアメリカから世界に広まったため、「海外の忍者ブーム」といえば英語圏に主眼が置かれることが多い。しかし、それ以前にも、海外に忍者の情報が些少さしょうながら伝わったことがある。ソ連(現ロシア)で孤軍奮闘の忍者研究をした人物の話をしてみたい。

 その人物はロマン・キム(1899~1967年)。ソ連では、日本研究者、スパイ小説作家として高名な人物だったが、最近の研究により彼が防諜ぼうちょう官でもあったことが明らかになった。

 キムは実際の防諜活動で、▽様々な書類で自分について書かれた情報をあいまいにした▽女性スパイを組織し、日本の外交官らにロシア語の教師として近づかせた――といった忍者の常套じょうとう手段を思わせるトリックを使い、在ソ日本大使館と、大使館付武官の官舎の金庫から極秘書類を盗み出す任務に当たったことがある。

 スパイの手段は、洋の東西を問わず一緒だったともいえるが、少年、青年時代を日本に過ごしたキムが、確実に忍者のことを知り、忍術についての情報を参考にしたとも考えられる。

 1926年に日本を訪れた、同じくソ連の人気作家ボリス・ピリニャーク(1894~1938年)が『日本印象記―日本の太陽の根蔕こんたい』を上梓じょうしする際、ソ連人民にとって難解な日本文化と歴史に関する注釈を書く作業を、キムが任された。

 同書の本文にも「欧米では尾行、密偵などが不道徳とされるのに、日本では忍び、忍術なる立派な学問まで存在する」と書かれている。キムによる豊富な注釈は、ねずみ小僧や自来也じらいやを描く大衆小説から、スパイ戦の最新専門書まで参考にしながら、忍術のことを解説している。

 これはロシア語初の忍術の解説で、世界的にも最も早い事例の一つだ。

 ピリニャークとキムは、忍術に触れる時に「非過去時制」を使って記述している。この本からは、26年時点の日本では忍術が存在し、忍者もいるという印象を受ける。

 これは単なる勘違いではない。キムの忍術観には、歴史的な忍術と、現代のスパイ戦をつなぎ合わせることが肝要だった。

 キムの生涯や防諜活動については、キム研究の第一人者クラーノフ・アレクサンドル氏の著書『東京を愛したスパイたち』(藤原書店、2016年)が詳しい。クラーノフ氏が見つけた30年代半ばの資料から、キムが、訪日する友人に忍術の文献を持って帰るように頼み、論文執筆を計画したことがうかがえる。

 キム自身が37年、“日本のスパイ”としてソ連当局に逮捕されたため、残念ながら、忍術の研究論文の計画ははかどらなかった。60年代になり、『幻の学校』という小説の形で世に出たが、その話は次回に譲りたい。

クバーソフ・フョードルさん
クバーソフ・フョードルさん

 クバーソフ・フョードル・国際忍者研究センター研究員

 ロシア・サンクトペテルブルク国立大卒。三重大に2度の留学経験があり、昨年10月、研究員として3度目の来日。

無断転載・複製を禁じます
36924 0 三重大発!忍び学でござる 2018/08/15 05:00:00 2018/08/15 05:00:00 ソ連で忍者を研究したキム・ロマン=提供撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180815-OYTAI50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)